SLR MagicがMicroPrime CINE 17mm T/1.5と35mm T/1.5レンズを発表

7 日前
SLR MagicがMicroPrime CINE 17mm T/1.5と35mm T/1.5レンズを発表

SLRMagicは、MFTミラーレスカメラ用の2つの新しいレンズ、MicroPrime CINE 17mm T /1.5と35mmT /1.5を発表した。これらはマニュアルレンズで、フォーカスリングと絞りリングに業界標準の0.8mmピッチギアがあり、重量はそれぞれ約630グラムと 600グラムでかなり軽量となっている。

主な特徴

SLR Magicは1年前に21mm T /1.6および50mmT / 1.4を発表したが、今回MicroPrime CINE 17mm T /1.5および35mmT / 1.5が追加され、MicroPrimeCINEのラインナップが拡充された。

17mm T / 1.5は、フルフレームセンサーの35mmにほぼ相当し、シネマアプリケーションに最適なプライムレンズ。このレンズは完全なマニュアルレンズで、32mmのイメージサークルのマイクロフォーサーズレンズ(MFT)マウントを備えているため、ブラックマジックデザインのBMPCC4KやパナソニックのGH5 / GH5sなどのカメラに対応する。

The SLR Magic MicroPrime CINE 17mm T/1.5. Image credit: SLR Magic

また17mm T / 1.5は軽量カメラ用に設計されており、レンズの重量は約630gで、長さは87mmと小型軽量なレンズだ。フォーカスリングと絞りリングには、業界標準の0.8mmピッチギアが刻まれており、通常のフォローフォーカスシステムが使用できる。

前面の直径はシネレンズの標準である85mmで、クランプオンマットボックスを簡単に取り付けることができる。またフロントには82mmのネジも切ってあり、フィルターを取り付けることもできる。なおフォーカスを変更してもフィルターは回転しないのは嬉しい。

SLR Magic MicroPrime CINE 17mm T / 1.5は、8群9枚のレンズ構成で、最短合焦距離は18cm。

SLR Magic MicroPrime CINE 35mm T/1.5. Image credit: SLR Magic

MicroPrime CINE 35mm T/1.5

SLR Magic MicroPrime CINE 35mm T / 1.5は、17mm T /1.5と多くの共通点を持つ。

  • 32mmのイメージサークルを備えたMFTレンズマウント。
  • 長さ87mm、重量600g。
  • 絞りリングとフォーカスリングの両方に0.8MODギア。
  • 前径85mm、フィルター径82mm。

ただし、わずかな違いもある。たとえば、レンズ構成は6群7枚で、最短合焦距離は40cmとなっている。

価格と発売時期

価格と発売時期は未定。

SLRMagic のMFTカメラ用MicroPrime CINEラインアップは、17mm T / 1.5、21mm T / 1.6、35mm T / 1.5、および50mm T /1.4で構成される。

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する