広告

FilmConvert NitrateとCineMatchのトリートメントがソニーα7 IVに対応

FilmConvert NitrateとCineMatchのトリートメントがソニーα7 IVに対応

フィルムプラグインFilmConvertと、その姉妹製品であるCineMatchプラグインがソニーα7 IVに対応した。これにより、異なるカメラメーカーやモデルの映像をシームレスに結合できるようになる。

FilmConvertやCineMatchについては、こちらこちらをご覧いただきたい。また、α7 IVのレビューはこちら、ラボテストはこちら

すでにサポートされている他のすべてのカメラと同様に、FimConvertは、ソニーのα7 IVに対応し、付属のカメラパッケージのダウンロードが可能になった。

FilmConvert / CineMatch for Sony a7 IV

FilmConvertは、対応カメラを手に入れ、ラボで様々な測定を行い、カスタムプロファイルを作成している。

FilmConvert Sony a7 IV
image credit: FilmConvert

その結果、単なるLUTではなく、包括的なツールセット(FilmConvert NitrateのフィルムエミュレーションまたはCineMatchのカメラマッチングに合わせて調整)を入手し、映像を好みに合わせて調整することができる。

ダウンロードは、α7 IV用FilmConvertカメラパックはこちら、CineMatchカメラパックはこちらからできる。カメラパック自体は無料だが、ホストプラグインを購入する必要がある。

価格

CineDの読者は、CineMatch Pluginを20%OFFで購入することができる。Adobe Premiere Pro、DaVinci Resolve、FCPX用のプラグインを個別に購入することも可能。または、1つのプログラムから別のプログラムにジャンプする場合に備えて、第3の選択肢を取り、バンドルを取得することができる。

このFilmConvert / CineMatchカメラバンドルのリリースは、α7 IVが人気のカメラであるため、特に歓迎される。リーズナブルな価格で、さまざまな撮影状況に対応できるオールラウンダーであることが証明されている。そのため、専用のカメラパッケージがあれば、多くの映画制作者が映像を最大限に活用できるようになる。

Links: FilmConvert | CineMatch

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手