【予約販売開始】ソニーがα1フルフレームカメラを発表 - 8K/30p記録とS-Cinetoneをサポート

【予約販売開始】ソニーがα1フルフレームカメラを発表 - 8K/30p記録とS-Cinetoneをサポート

ソニーは、新しいミラーレスカメラ、α1を発表した。Eマウントを搭載し、50.1メガピクセルフルフレームセンサーを備え、8K/10ビット/4:2:0/30pおよび4K /10ビット/4:2:2/120fpsで内部記録できる。 3月19日発売予定で、海外での価格は6,498ドルとされている。(国内の価格はオープン)

今年最初の新製品発表になるが、ソニーが非常に興味深いα1フルフレームミラーレスカメラを発表した。同社はまた、スマートフォンの新製品XperiaPROも発表した。

50メガピクセルフルフレーム

カメラの心臓部には、50.1メガピクセルフルフレームExmor CMOSセンサーとBIONZ XRイメージプロセッサが搭載されている。120fpsのリフレッシュレートでAFとAEを利用し、電子シャッターで30fpsの静止画をRAW撮影することができる。大きなバッファメモリにより、圧縮RAWで最大155枚の画像を撮影できる。またピクセルシフトマルチ撮影モードでは、199メガピクセルの静止画を撮影できる。

Alpha 1. Source: Sony

ISO感度は100〜32,000の間で設定できる(静止画では50〜102,400に拡張可能)。また、手振れ補正とジャイロセンサーを備えており、最大5.5ストップの補正が可能。さらにアクティブモードも搭載されており、さらなる補正も可能だ。レンズマウントはもちろんソニーEマウントが採用されている。

オートフォーカスは、画像領域の約92%をカバーする759の位相検出ポイントを持つ。リアルタイム瞳AFは従来のシステムに比べて検出性能が30%向上しているが、これは人間だけでなく動物にも有効だ。

8K 30p 10-Bit

ビデオ記録は、XAVC-HSで8K/10ビット/4:2:0で最大30fps記録が可能。8.6Kセンサーからオーバーサンプリングされる。さらに、効率的なLong GOPフレーム間圧縮とAll-Iフレーム内圧縮の両方で、4K/10ビット4:2:2で120fpsおよび60fpsで記録できる。さらにαカメラで初めて、S-Cinetoneカラープロファイルも搭載した。

ソニーによると、α1のダイナミックレンジは、ビデオ(S-Log3)では15ストップ以上、静止画では15ストップとされている。今後ラボでテストでチェックする予定だ。なお、ソニーは8K記録では、最大30分連続記録できると述べている。

Alpha 1
Alpha 1. Source: Sony

α7S IIIと同様に、α1もフルサイズのHDMIポートを介して16ビットのRAWビデオ出力が可能だ。また、オーバーサンプリングされた5.8Kフルピクセル読み出しモードから、4K/Super35mmクロップモードも用意されている。

ビューファインダーは最大240fpsのリフレッシュレートを備えた944万ドットのOLED Quad-XGA電子ビューファインダーを採用している。またモニターはa7SIIIのように横にフリップアウトするものではなく、その場で上下に傾斜する。

Sony Alpha 1
Alpha 1. Source: Sony

筐体はマグネシウムで耐候性に優れている。a7S IIIと同様に、α1には2つのメモリカードスロットがあり、SDカード(UHS-IとUSH-II)とCFexpressタイプAカードを使用できる。側面にはUSB-Cポートがあり、さらに高速ファイル転送用の1Gb LANコネクタも搭載されている。また、無線LANプロトコルも備えている。

価格と発売時期

α1は2021年3月19日発売予定で、国内価格はオープン。海外では6,498ドルとされている。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する