ソニーが“TOUGH”シリーズSDカードを発表

2018.9.2
ソニーが“TOUGH”シリーズSDカードを発表

ソニーが”TOUGH” シリーズSDカードを海外で発表した。完全に密閉されたワンピース形状で、曲げや、落下、水や埃にも強い。 V90規格をクリアした高速の読み取りと書き込み速度を実現している。発売は2018年10月に予定しており、3種類の容量(32,64,128GB)がラインアップされる。

New Sony TOUGH SD Cards. Source: Sony

日本を代表するエレクトロニクスメーカーであるソニーは、新しいSF-GシリーズのTOUGH UHS-II SDカードをリリースする。今まで以上の堅牢性と高速な読み書き速度を兼ね備えている。カードは、MicroSDカードに採用されているようなモノリシック構造で完全に密封されたワンピースモールディング設計。従来のSDカードは3つ部品を組み合わせて作られているため、プラスチックケースの破損、データ保護ロックの破損、コネクターリブの破損といった物理的な損傷を受ける可能性が高い。なお、TOUGH SDカードには書き込み保護スイッチは設けられていない。

New Sony TOUGH SD Cards. Source: Sony

高い硬度の材料で作られた密封モノリシック設計により、TOUGHカードは、曲げや水中(水深5メートルまで)に強く、高い防水(IPX8定格)、防塵(IPX6定格)性能を持つ。曲げや落下に対する強度は、SD規格の18倍(10N定格と比較して180N)に達する。

速度に関しては、現在商品可されているビデオ速度の最高水準で、V90を取得している。 V90はカードの書き込み速度が90MB / s以下に落ちないことを意味する。しかし、TOUGHシリーズの実際の書き込み速度は更に高く、同社はSDカードセグメントで提供されている最高の読み書き速度を達成していると述べている。

読み取り速度は最大300MB / s、書き込み速度は最大299MB / sで、32GB、64GB、128GBの3種類の容量がラインアップされる。

TOUGHシリーズSDカードには、カードの状態をチェックするSDスキャンユーティリティと、誤って削除されたデータを回復するファイルレスキューソフトウェアが含まれている。新しいカードには、X線プルーフ、マグネットプルーフ、帯電防止、耐温度、UVガード機能も搭載されている。黄色が主体のラベルデザインは、暗い撮影現場でカードを見つけるのに役立つだろう。

New Sony TOUGH SD Cards. Source: Sony

製品の詳細は、ソニーのWebサイト(英語)を参照いただきたい。発売は10月の予定。ドルベースでの価格は次のとおり。

  • 32GB (SF-G32T/T1):$72.99
  • 64GB (SF-G64T/T1):$131.99
  • 128GB (SF-G128T/T1):$275.99

これらの高速カードは、BlackMagic Pocket Cinema Camera 4Kなど大きな画像データで記録するカメラに適しているだろう。4K UHD解像度で110 MB / sになるProRes 422HQ記録の最高ビットレートにも対応できるはずだ。 ただ、410 MB / sでCinema DNG RAWをC4Kで記録する場合は、さらに高速で高価なCFastカードや外部SSDを使用する必要がある。

広告

Leave a Reply

avatar
フィルター
全て
ソート
most voted
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
most voted

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

mode_comment