SteadicamがM-2を発表 - Voltテクノロジーを搭載

SteadicamがM-2を発表 - Voltテクノロジーを搭載

SteadicamM-2を発表した。同社のVoltテクノロジーを搭載している。モジュール式を導入し、これまでで最も柔軟な構成変更ができるステディカムで、価格も競争力がある。

Steadicam M-2は、M-1ほどの積載荷重を必要としないユーザー向けで、軽量になっている。新しいSteadicam M-2の特徴は、Voltテクノロジーを統合していること。ただし、これが唯一の進化ではない。

M-2はM-1の後継ではなく、ラインアップを補完する位置付け。またM-2は軽量だが、M-1の多くの機能を継承している。さらに、M-2のコンポーネントの多くはM-1と共通で交換可能だ。

Steadicam Voltテクノロジーを搭載

Steadicam Voltテクノロジーは、ジンバルにジャイロセンサーと強力なブラシレスモーターを使用している。これは水平を維持するのに貢献し、必要に応じて傾斜やロール角度を保持する。また風や加速の影響を防ぐ役割もある。ボタンを押すことでVoltを接続したり解除することができる。

Voltエレクトロニクスを統合することで、Steadicam M-2は軽量でシンプルになっている。また、トップステージとジンバルの距離を短くすることもできる。これにより、なめらかでシンプルな構成になっている。

カスタマイズ可能な M-2 Sled

Steadicam M-2は、M-1のスレッドをベースにして、これまでで最も容易に設定変更が可能なモジュール式を採用している。カーボンファイバーポストはさまざまなサイズが入手可能で、新しいクイックリリースモニターマウントは業界標準の60mmロッドを使用している。

スレッドは、Vマウントまたはゴールドマウントのバッテリープレートを装着できる。さらに、ホットスワップ対応の3番目のバッテリーマウントも用意されている。トップステージは、Voltシステムの着脱が可能だ。

Steadicam M-2の主な機能

Steadicam M-2の主な機能は以下の通り。

Stage

  • 最小高さプロファイル用に最適化された新しいステージデザインを採用。これにより、ジンバルをレンズの中心にできるだけ近づけることができる
  • チルトステージまたは固定ステージとして使用可能(チルトはプラスとマイナスの両方向可能)
  • ステージに Steadicam Voltコントロールボードを組み込み可能
  • 軽量
  • 複数のビデオ入力とPタップを含む電源コンセントを用意

Post

  • カーボンファイバー製2ステージポスト
  • プラグアンドプレイ

Gimbal

  • 統合型Voltパンエンコーダ

Monitor Mount

  • 多用途で調整可能なモニター位置
  • 60mmセンターを使用した軽量設計
  • ユニバーサルモニターマウント

Base

  • 軽量
  • 複数の電源とビデオ接続を用意
  • 12ボルトパラレルと24ボルトシリーズのデュアルバッテリーホルダー
  • ホットスワップ機能
  • 60mmセンターベースのサポートバー
  • 付属品を取り付けるためのオプション

詳しくはSteadicam M-2のWebページを参照いただきたい。

 

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する