Tiltaがソニーα7C用ケージを発売

Tiltaがソニーα7C用ケージを発売

Tiltaのα7C用のフルカメラケージは、カメラを保護し、1/4 “-20ネジ、位置決めピン、2つのコールドシューなど多くの取り付けポイントを提供する。軽量のアルミニウム製で、多くのTiltaのアクセサリーやハンドルも使用することができる。価格は69ドルから。

2020年9月に発表されたα7Cは、コンパクトなフルフレームカメラで、現在SIGMA fpおよびfp Lに次ぐ最もコンパクトなフルフレームカメラ本体だ。内部は、α7IIIと多くの類似点がある。8ビット4K/30p、FHD120pでの記録が可能。 Tiltaはこのα7C用のフルカメラケージをリリースした。

Tiltaのα7C用ケージ

Tiltaフルカメラケージはカメラ本体を保護し、複数の1/4 “-20取り付けポイント(多くは回転を防ぐための位置決めピン)がある。また、コールドシューマウント2か所、およびTiltaの15mmロッド用シングルロッドホルダーをサポートするロッドアタッチメントポートも追加される。ケージのベースにはいくつかの中心から外れた取り付けスレッドがあり、ベースプレートの位置やジンバルのセットアップのバランスなどを簡単に微調整できる。

Sony a7C camera cage. Source: Tilta

Tiltaケージには、Manfrottoクイックリリースプレートが含まれており、このケージを任意のManfrottoレシーバーに簡単に取り付けることができる。また、Tiltaの15mm LWSベースプレート、およびクイックリリーストップハンドルなどのさまざまなTiltaのパーツも使用できる。

Sony a7C camera cage – top & bottom. Source: Tilta

ケージの寸法は139x 94 x 54mmで、重さは150g。グレーまたはブラックが選択できる。なお、このケージはさまざまなレンズアダプターサポート(PLやEFマウントなど)を使用することもできる。

Sony a7C camera cage – different configurations. Source: Tilta

価格と発売時期

現在69ドルで購入できる。また3種類のセットも選択できる。

  • キットAには、ケージと軽量のクイックリリーストップハンドルが含まれており、価格は135ドル。
  • キットBには、ケージとアタッチメント付きの木製ハンドルが含まれており、価格は119ドル。
  • キットCは、ケージとは別に、アタッチメント付きのTiltaing木製ハンドル、Tiltaing軽量クイックリリーストップハンドル、Tiltaingミニクランプオンマットボックス(MB-T15)、2本の200mmロッド付きLWSベースプレート、15mmボトムシングルロッドホルダー、およびミニフォローフォーカス(FF-T06)が含まれ、価格は399ドル。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する