広告

VILTROXが13mm F1.4 APS-Cレンズ(ソニーE、ニコンZカメラ用)を発売

VILTROXが13mm F1.4 APS-Cレンズ(ソニーE、ニコンZカメラ用)を発売

VILTROXは新しい13mm F1.4超広角レンズのIndiegogoクラウドファンディングキャンペーンを開始した。このオートフォーカスレンズは、今年の初めに富士フイルム Xマウントミラーレスカメラ用に発売されたが、今回、ソニーEとニコンZのAPS-Cミラーレスカメラ用に発売されることになった。

VILTROXは中国のメーカーで、キヤノンEF→RFシネフォーカルレデューサーのように、手頃な価格のレンズマウントアダプターを作ることで知られている。

VILTROXは今回、超広角13mm F1.4 APS-Cレンズを、新たにソニーEとニコンZのレンズマウントに対応し、新バージョンとして発売した。

VILTROX 13mm F1.4:特徴

レンズのデザイン、機能、仕様は、Xマウントバージョン(記事はこちら)と、これら2つの新しいソニー/ニコンレンズとで類似している。

簡単に言うと、VILTROX 13mm F1.4レンズの主要スペックは以下の通り。

  • 重量:ソニーEマウントバージョンはわずか420g、ニコンZマウントバージョンは455g。
  • 長さと直径:90×74mm
  • オートフォーカス:動画モードでの被写体追尾に対応した内蔵STMフォーカスモーターを搭載。レンズ内部でフォーカスを合わせるため、フォーカスを変えてもレンズが伸び縮みすることはない。
  • 防塵設計。
  • レンズ設計は11群14枚構成。
  • 絞り羽根:9枚。
  • 前面フィルターネジ:67mm
  • 最短撮影距離:22cm
Image credit: VILTROX

価格と発売時期

VILTROX 13mm F1.4 は、Indiegogoで300ドルから予約受付中。すべての特典は、2022年7月に出荷を開始する必要があります。

このプロジェクトの詳細と支援については、こちらのVILTROXのクラウドファンディングキャンペーンをご覧いただきたい。

なお、クラウドファンディング・プラットフォームでプロジェクトを支援する際のリスクについては、プラットフォームの利用規約を読むことをお勧めする。納品が大幅に遅れる可能性があり、プロジェクトによっては、納品されないこともある。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手