YoloLivがYolobox Proライブストリーミングエンコーダを発表

YoloLivがYolobox Proライブストリーミングエンコーダを発表

YoloLivはYolobox Proを発表した。これは、タッチスクリーン付きの7インチモニターを搭載した自己完結型のライブストリーミングソリューションとして有名になったオリジナルのYoloboxの、より大きく、より機能的なバージョンだ。

基本的な動作は、さまざまなソースから入力し、それらの入力をライブで、あるいは録画して、YouTubeやTwitchなどのオンラインサービスにストリーミング配信するというもの。グラフィックオーバーレイやローリングキャプションを追加することができる。スコアボード機能やライブチャットのオプションもある。

Yolobox Proは、優れたQualcommプロセッサが搭載されている。このパワーにより、将来的にはより多くのサービスが提供されることになる。

Yolobox Pro offers more of everything over the original. Image credit: YoloLiv

YoloboxとYolobox Proの違い

まず、画面が大きくなり、従来の7インチから8インチの液晶になった。本体は重くなり、底部にはファンが付いている。おそらく、Qualcomm社のプロセッサが625から2倍の性能を持つとされる660チップに変更された結果だと思われる。初代Yoloboxの主なセールスポイントは、あらゆる天候に対応したスクリーンを持っていることだった。

機能面では、カメラのHDMI入力が1つ増えている。もちろん、HDMI入力はカメラである必要はなく、コンピュータや他のスイッチャーでも入力を増やすことができる。新しいユニットの背面には、新たに3つのUSB-Cポートがあり、最後の1つは充電に使用する。

さらに、マイク入力、ライン入力、ヘッドフォン出力も備えている。ヘッドフォン出力は、スイッチャーだけがミックスを聞く必要がある場合に役立つ。

The new Yolobox Pro has a bigger touchscreen and more inputs. Image credit: YoloLiv

操作性

YoloLivの基本的な操作方法は同じで、より良いものになっている。オリジナルも並行して販売される。また、出先からのストリーミングに最適な大きさでもある。オーバーレイを挿入したり、デスティネーションを事前に設定したりするのがとても簡単だ。他のスイッチャーでは、コンピューターとスクリーンを追加しなければならず、より大きくなる。その場合は、Restreamのようなウェブアプリも使う必要がある。YoloboxとYolobox Proではその必要はない。

Proに買い替えるべきか?

より多くの入力が必要な場合は、Proが必要になる。もしかしたら、オリジナルのYoloboxを使って、新しいProボックスにリモートでストリーミングするという方法があるかもしれない。なお、両製品の動作は非常に似ている。この2つのボックスには約400ドルの差がある(YoloLivは最近、オリジナルボックスの価格を下げた)。

今後の新機能

新しいプロセッサーを搭載したYoloLivは、今後のアップデートでクロマキー、フォントやカラーの編集、オーディオインターフェースの強化、ビットレートの制御と調整、各種グラフィックテンプレートなどを計画している。

従来品は898ドル、新しいProは1298ドルとなっている。

Leave a reply

Filter:
all
Sort by:
latest
Filter:
all
Sort by:
latest

Take part in the CineD community experience