低予算から高予算まで、ライブ配信の方法について

低予算から高予算まで、ライブ配信の方法について

ライブストリーミングは数年前から存在しているが、今回のパンデミックにより、注目されるようになった。ストリーミングは、大学の試合からブロードウェイのショーまで、あらゆる種類のライブイベントを対象とした、インターネットベースの映像・音声配信を意味する。ここでは、低予算から高予算までのライブストリーミングを考える。

世界中のだれもが、シングルカメラでの運用から、より洗練されたマルチカメラでの制作までストリーミングを行えるようになった。ストリーミングの新しい分野としては、フィットネス、教育、礼拝堂、スポーツ、音楽、子供のアクティビティ、デモンストレーション、ビジネス、チュートリアル、ゲーム、料理、ポッドキャスティング、さらにはラグ作りの指導などがある。

最も重要なことは、最近では文字通り誰もが自宅にいながらライブストリームイベントを運営できるというこだ。機材はすぐに手に入るし、ハイエンドのスタジオも必要ないので、コストはほとんどの予算内に収まる。

ストリーミングのハイエンドとローエンド

大規模なストリーミングの例として、ニューヨークのアポロ・シアターがある。この有名な劇場は、今も昔もライブ・オーディエンスのための会場であり、バーチャルステージでショーに新しいアプローチを提供している。

アポロシアターでは、デジタルステージを活用して、アマチュアから大規模な音楽イベントまであらゆるイベントを開催している。エグゼクティブ・プロデューサーのカミラ・フォーブスは、デジタル空間に進出したことで、プログラムをはるかに遠くまで届けることができるようになり、新しい潜在的な観客を獲得できるようになったとコメントしている。

Northern School of Danceの大学院コースが今年イギリスでツアーを行った際にも、ストリーミングを利用した。COVIDの規制により、ツアー先の劇場には観客がいなかったが、世界中の観客に向けて公演をストリーミングできた。観客がいるはずの場所に、1台のカメラを設置した。1台のカメラでは限界があったが、少なくとも、自分たちのパフォーマンスを見てお金を払ってくれる予想外の観客がいたのだ。

ライブストリーミングを始めるには

Panasonic BGH1 Image credit: CineD
Panasonic BGH1 Image credit: CineD

パナソニックのLUMIXシリーズには、GH5 IIというストリーミング機能を搭載したモデルがある。このモデルは、ダイレクト・トゥ・エア・ストリーミングの最先端であり、パナソニックのLUMIXシリーズの方向性を示している。このカメラのレビューと、カメラから直接ストリーミングを行う方法については、こちらをご覧いただきたい。

パナソニックLUMIX BGH1ボックスカメラは、プロのライブやインストール市場向けに設計されている。LANに直接接続することもできるが、GH5 IIとは形状が全く異なる。企業やイベントのネットワーク、RTMPサーバー、YouTubeやFacebook Liveなどのプラットフォームにストリーミングすることができる。このカメラは、数多くのマウントオプション、録画モード、コントロールの選択肢を持つ、完璧なライブイベントカメラだ。

The LUMIX GH5 MkII has a direct from camera connection to streaming services. (Image credit: CineD)
The LUMIX GH5 II has a direct camera connection to streaming services. Image credit: CineD

さらにパナソニックは一部のカメラでキャプチャーカードを使用せずにビデオをコンピュータに取り込めるようにしている。LUMIXウェブカムソフトウェア(ベータ版)では、マイクロフォーサーズのG100とBGH1からフルフレームのS5とS1HまでのLUMIXカメラをUSBで接続することができる。対応するカメラのリストは、上のリンクから確認できる。

現在使っているカメラが対応していれば、追加のハードウェアは必要ない。もちろん、時間をかけて機材を増やしていくこともできるが、まずはこれらのカメラで必要なものをすべて揃えることができる。

ハイエンドのライブ配信

ライブストリーミングのプロの世界では、様々なコントロールが必要となる。LUMIX BGH1は、リモートデバイスとして一から設計されており、オンボードのモニターはないが、マウント用のスレッドが用意されている。PoE(Power over Ethernet)を搭載しているので、遠隔地からの電源供給も可能だ。また、非常に柔軟性の高い形状と、わずか500gの超軽量を実現している。

Photo Joseph's live streaming set
YouTuber Photo Joseph’s live set for streaming. Image credit: Photo Joseph

このカメラは、LUMIXのモデルとしては初めて、1080pのSDI出力に加え、HDMIでの録画にも対応している。しかし、ストリーミングを可能にする最大の特徴は、LUMIX初となるGENLOCK INだ。内蔵のタイムコードと併用することで、GENLOCKはマルチカメラの撮影で同期することができる。

これらの機能は、パナソニックのデュアルネイティブHDR機能を備えたセンサーによる4K 10bitパフォーマンスを持つカメラに搭載されている。

複数のカメラを使用する場合は、ビデオスイッチャーなどを追加して、入力されるすべてのビデオ(およびオーディオ)ストリームを制御する必要があるかもしれない。しかし、主要なコンポーネントは手頃な価格ではある。

ストリーミングを始めるには

豊富な機能を備えたLUMIX BGH1までもが必要なければ、より一般的なモデルでも問題ない。最新のLUMIX GH5 IIは、この価格帯のカメラとしては非常に新しいストリーミング機能を内蔵している。GH5 IIのレビューはこちら

パナソニックは、ストリーミング操作を可能な限りシンプルに設計している。他のLUMIXモデルを遠隔操作するときと同様に、スマートフォンが必要になる。スマートフォンのデータアップリンクを使用して、RTMPプロトコルでH.264をストリーミングすることができる(1920 x 1080pは最大16Mbpsで60p)。有線配信には専用のソフトウェアが必要。

Panasonic LUMIX BGH1, palm size camera. Image credit: CineD

結局のところ、この新しいライブストリーミングの世界では、コンテンツと機材によって実現できることが変わってくる。ストリーミングビジネスを始めるということは、テレビスタジオを作るのと同じことなのだ。機材の面では限界があるが、基本がしっかりしていれば、非常にプロフェッショナルな放送を行うことができ、オンラインの視聴者を獲得できる可能性も高くなる。

ライブストリーミングは、非常にエキサイティングな新しい産業であり、今後ますます発展していくだろう。

Leave a reply

Filter:
all
Sort by:
latest
Filter:
all
Sort by:
latest

Take part in the CineD community experience