ZacutoがパナソニックGH5ケージを発表

2017.6.16

ZacutoがパナソニックGH5用ケージを発表した。小型軽量、および使い易さにこだわった設計で、GH5に様々なアクセサリーを装着するのに便利だ。

パナソニックGH5の出荷が始まっているが、早くもGH5用ケージがZacutoから発表された。 Zacuto GH5 Cageは、コンパクトかつ軽量で、必要なアクセサリーを取り付けることができる。ケージにはサイドハンドルも付いている。このハンドルはNATOレールと呼ばれるZレールを介してカメラサイドに取り付けられている。カメラのコントロール部へのケージサポートを極力減らし、カメラ本体の操作性を犠牲にしないよう設計されている。

ケージは、安定性を高めるため、取り付けポイントとしてカメラのストラップアイレットに加えて、底部の三脚ねじを介してカメラに取り付けられている。オプションのハンドルをケージの上部に沿ってNATOレールに取り付けることができ、GH5オーディオモジュールを使用するのに十分なクリアランスを確保しつつ、前後の調整を可能にしている。

Zacuto GH5 Cage

Zacuto GH5 Cageは、ケージ構造自体にコールドシューを持っていないが、付属のサイドハンドルの上部に1個備えている。これにより、カメラの反対側にあるオーディオモジュールとXLRケーブルと干渉することはない。

Zacuto GH5ケージの底面には、Zacuto VCT Proベースプレートと互換性のあるダブテールシステムと、追って発売される15mmのロッドアクセサリーが搭載されている。さらにケージには、追加の部品を必要とせずにSpeed BoosterなどのMetabonesアダプターを取り付けるためのポートが装備されている。

また、Atomosのレコーダーを取り付けるためのアクセサリーが、近日発売予定。ケージにヒンジで直接取り付けられ、モニターアームやボールマウントよりも頑丈で、さまざまな角度で撮影することができる。

Zacuto GH5 Cageには、カメラに直接ネジ止めするケーブルピンチャーが付属している。これにより、HDMIケーブルを固定することができる。

Zacuto GH5 Cageは、操作性と快適性を最大限に引き出すことを目標に設計されていおり、Cageの各部にその意志が反映されている。 Zacuto GH5 Cageはすでに495ドルで予約が可能で、今後数週間以内に出荷を開始する予定。

詳細については、同社のWebページを参照されたい。

Leave a reply

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する