ZEISSがOtus 100mm f/1.4をリリース

ZEISSがOtus 100mm f/1.4をリリース

Otusレンズは、ZEISSの最高級の写真用レンズだ。 Otus 2850、および85 mm(すべてf / 1.4)が既にリリースされているが、今回Otus 100 mm f / 1.4が追加された。

ZeissOtus_Featured

ZEISS Otus 100mm f/1.4

2013年にZEISSはOtus 55mm f / 1.4を皮切りにハイエンドのOtusラインを導入した。 2014年と2015年には、Otus 85mm f / 1.4とOtus 28mm f / 1.4を導入している。 Otusレンズはすべてマニュアル絞り、およびマニュアルフォーカス仕様だ。マウントは EFとNikon Fのフルフレームに対応している。

この一連のレンズは、ZEISSの主力写真用レンズ。ハウジングは内部集束機構を備えたフルメタルで、堅牢な作りとなっている。ただ、Otus 100mm f / 1.4は大きく、重く、EFバージョン(ZE)では1.4kg、Nikon Fバージョン(ZF.2)では1.3kg、そして長さは約13cmとなっている。

ZeissOtus_01

画質

ZEISS Otus 100mm f / 1.4はアポクロマティックレンズで、色収差と球面収差の補正が優れている。

また、T *反射防止コーティングを使用しており、色の影響を心配することなく、コントラストの高い映像を撮影できる。

レンズは11群14枚構成で、最小焦点距離は1mとなっている。 ZEISSレンズは非球面レンズデザインにより鋭い切れ味で有名で、このレンズも例外ではない。

ZeissOtus_02

価格と発売時期

現時点では、Otus 100mm f / 1.4は注文できない。予想される価格はおよそ4500ドルだ。

ZEISSのウェブサイトはこちら

 

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する