AdobeがCreative Cloudのアップデートをリリース

AdobeがCreative Cloudのアップデートをリリース

アドビは、クリエイティブクラウドの新機能と改善点を発表した。新しいビデオ機能には、Adobe Senseiを使用したContent-Aware Fill、タイトルとグラフィックの新機能、アニメーションの制作、オーディオミキシングの調整、プロジェクトメディアの整理、エフェクトとカラーワークフローの高速マスクトラッキング、デュアルGPU最適化などがある。 HEVCおよびH.264フォーマットのハードウェアアクセラレーションも改善されている。

Adobe announced new features and improvements at NAB 2019

アドビクリエイティブクラウドはビデオポストプロダクションの最も人気のある選択肢の一つだ。今回の発表では、人工知能(AI)とAdobe Senseiと呼ばれる学習技術に基づく多くの機能を搭載している。これらの機能は、繰り返し作業に費やされる手作業の時間を節約することを目的としている。

さらに、Adobe Stockは、編集コンテンツ、ショットの設定、あるいはプロジェクトのギャップ処理のために、すでに1000万人以上のユーザーにプロフェッショナル品質、キュレーション済み、ロイヤリティフリーのHDおよび4Kビデオ映像およびMotion Graphicsテンプレートを提供している。

ここではアドビクリエイティブクラウドの新機能について、主にビデオ関連のアプリケーション(Adobe After Effects、Premiere Pro、Audition、Character animator)について説明したい。

なおアドビのWebサイトで、Creative Cloudの新機能に関するビデオも参照いただきたい。

Adobe After Effects

Adobe After Effectsの新機能は、コンテンツアウェアフィルだ。これにより、映像から不要なオブジェクトを自動的に削除できる。 この機能はAdobe Senseiによって提供されており、Photoshopで最初に導入された。ブームマイク、サイン、ロゴ、さらには人物のような、映りこんでしまった不要な要素を映像から削除するプロセスを自動化したもので、手作業による時間ロスを削減できる。

After Effects Content-aware fill (before). Source: Adobe

After Effects Content-aware fill (during). Source: Adobe

After Effects Content-aware fill (after). Source: Adobe

新しいエクスプレッションエディタは、After Effectsに組み込まれるフル機能のコードエディタでエクスプレッションを簡単に書くことができる。エクスプレッションは多くのキーフレームを作成することなく、柔軟で動的なアニメーションのプロパティをリンクするために使用されるJavaScriptだ。 エクスプレッションエディタは、ユーザーがコードをより速くより正確にコーディングできるように設計されており、構文の強調表示、行番号などを使用してコードを視覚的にナビゲートできる。

After Effects Expressions editor. Source: Adobe

たとえば、Roughen EdgesやChange ColorなどのGPU効果を適用する際のレンダリングの高速化など、パフォーマンスの向上が行われている。これらの効果は16と32ビットカラーをサポートしている。 またPremiere ProとAfter Effectsの間で複雑なチームプロジェクトの読み込みが速くなり、ワークフローが改善された。なおAfter Effectsでは、H.264とHEVCのハードウェアデコード機能と再生性能が向上している。

Adobe Premiere Pro CC

Premiere Proでは、Freeform Projectというパネルが新設された。この目的は、視覚的にメディアを整理してストーリーボード化し、ショット選択のレイアウトを保存すること。オープンなキャンバスの形をしているので、ストーリーのアイデアをブレインストーミングしたり、アセンブリを編集したりするプロセスが簡単になる。フリーフォームパネルのクリップは、サイズやカラーコードを変えることができ、グループ化して編集プロセスをより視覚的にすることができる。

Premiere Pro Freeform Project Panel. Source: Adobe

ルーラーとガイドは、ビデオプレビューウィンドウでデザインを統一するのに役立つ。この新機能により、タイトル、オブジェクト、およびアニメーション効果の調整が簡単になる。チーム内で作業する場合のデザインの一貫性を確保するため、専用の[表示]メニューにガイドテンプレートを保存して共有することも可能となっている。(After Effectsとの互換性もある)

Premiere Pro Rulers and guides. Source: Adobe

Premiere Pro Rulers and guides saving. Source: Adobe

テキストツールも改良され、日本語と韓国語のタイトルや、テキストにストロークのスタイルも追加された。フォントを使った作業も簡単で、フリーのAdobeフォントは自動的に同期させることができるため、よく使われるタイプが見つからないという問題を回避できる。プロジェクト全体のフォントをワンクリックで置き換えてデザインを簡単に更新することも可能になった。

LumetriColorとマスク追跡も高速化され、高解像度でもワークフローを効率的に行える。 H.264およびHEVCのハードウェアエンコーディングも改善された。複数のGPU(eGPUを含む)のロードバランシングが向上し、特にApple ProRes、REDなどのプロのコーデックではレンダリングとエクスポートが高速化されている。

Premiere Proでグラフィックやアニメーションを作成するためのオプションも充実した。図形のグループ化とマスクの適用は、すべてEssential Graphicsパネルから可能だ。

Auto Duckingは、AuditionとPremiere Pro用に設計されたAdobe Senseiを搭載した新機能で、対話に対して周囲の音を動的に調整することを可能にしている。キーフレーム調整により、ミックスをマニュアルでクリエイティブにコントロールすることもできる。

ユーザーはエフェクトラックでオーディオエフェクトを並べ替えることもできるようになった。オーディオトラック間でエフェクトや設定をコピー&ペーストすることも可能となっている。

Adobe Audition CC

Auditionの新しいパンチ&ロールレコーディング機能は、ナレーションとオーディオブックを含むWaveformとMultitrackの両方で効率的な制作ワークフローを提供する。ワークフローを中断することなく、代替のオーディオを正確にパンチインすることができる。

Audition Punch and Roll recording. Source: Adobe

Auto Duckingは、AuditionとPremiere Proのために設計された、Adobe Senseiを搭載した新機能だ。 これは対話に対して周囲の音を動的に調整することを可能にする。 キーフレームを調整することにより、手動での微調整もできる。

Auditionにはいくつかのワークフローの改良点がある。 たとえば、手動でキーフレームを編集すると、調整が意図したとおりに行われる。 クリップはキーボードから手を離さずにトラック間を移動できるよう、新しいショートカットも用意された。 新しい[選択したクリップにズーム]コマンドを使用すると、選択範囲全体を瞬時に拡大または縮小することができる。

Adobe Character Animator

パペットリギングにより、ユーザーはビヘイビアの適用、レイヤーのタグ付け、およびパペットリグを介した検索を行うことができるようになった。 単一レイヤーまたは任意のレイヤーグループに属性を適用することが可能になり、より微妙なパフォーマンスを可能にする複雑なパペットの設定が簡単になる。 新しい検索機能により、レイヤなどを簡単に見つけることができるようになった。

これにより、キャラクターの口を、口唇(口の表情)と連動して自動的に動かすことができる。 Adobe Senseiにより、ノイズの多いオーディオでもより良い自動リップシンクができる。

Twitch用の新しいCharacterトリガー拡張機能により、即座にキャラクターの衣装の変更、ダンスの動き、またはジェスチャーやポーズができ、ライブストリーミングのパフォーマンスが向上する。

Character animator Trigger for Twitch. Source: Adobe

NAB 2019のAdobeブース

これらの新機能はアドビブース(#SL5610、ラスベガスコンベンションセンターのサウスホール)で詳しく見ることができる。 また、4月4日PST午前9時、Jason Levine氏とのFacebook Liveセッションも予定されており、そこで新機能について説明がある。

現在アドビクリエイティブクラウドユーザーは最新アップデートを無料で利用できる。

 

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する