ブラックマジックデザインがCamera 7.3アップデートをリリース

ブラックマジックデザインがCamera 7.3アップデートをリリース

ブラックマジックデザインは、Camera 7.3 Updateをリリースした。これは新しいモニタリングオプションを追加し、 BMPCC 4K、6K、および6K Proのオートフォーカスを改善する。また BMPCC 4Kおよび6Kは、Q1およびQ3レコーディングオプションを備えた新しいBlackmagic RAW Generation5カラーサイエンスに対応する。 BMPCC6Kは、BlackmagicRAWで4KDCI記録も可能となる。同社のサイトからダウンロードできる。

約2か月前、ブラックマジックデザインは新しいBMPCC6KProをリリースした。従来のBMPCC6Kと同じ画質を維持しながら、 BMPCC 6Kの明るいチルトLCDスクリーン、NDフィルター、オプションのEVF、より大きなバッテリーなどの機能を改善している。

カメラの詳細については、レビュー記事を参照いただきたい。

Camera 7.3アップデート

Camera 7.3アップデートは、BMPCC4k、6K、および6KProに新機能を追加する。 3つのカメラすべてに、次の新機能が追加される。

  • 輝度ヒストグラムをRGBヒストグラムにアップグレード
  • カラーチャンネルクリッピングインジケーターを追加
  • 偽色ガイド表示を追加
  • LCD画面のキャリブレーション設定を追加
  • オートフォーカスとアクティブレンズ制御を改善します
  • フォーカスピーキングの視認性を向上
  • LUTとプリセットのインポートに関する問題を修正
The new BMPCC Family. Source: Blackmagic Design

昨年7月にURSAMini Pro 12Kを発表時に、Blackmagic RAWのアップデートとして、新しいフィルムカーブを備えたジェネレーション5カラーサイエンスも発表された。最近発売されたBMPCC6K Proには、すでに新しいGen5カラーサイエンスが付属している。PocketCinema Camera 4kおよび6Kも、今回のアップデートで他のアップデートとともに、新しいGen5カラーサイエンスに対応する。

  • 第5世代のカラーサイエンスのサポートを追加
  • BMPCC6K用のDCI4K BlackmagicRAWレコーディングを追加
  • LCD画面調光を追加
  • Q1およびQ3BlackmagicRAWレコーディングオプションを追加

4KBRAWがBMPCC6Kでサポートされたことは素晴らしい。以前は、4KのProResでしか記録できなかった。なお、この新しいアップデートで、URSA StudioViewfinderで画像のずれを引き起こす可能性のあるバグを修正している。

さらに、開発者SDKを含む新しいBlackmagic RAW2.0の出荷バージョンをリリースした。新しいバージョンのBRAWでは、Blackmagic URSA Mini Pro12Kのサポートとデュアルカードレコーディングのサポートが追加されている。

さらに、Blackmagic RAW 2.0は、Blackmagic Generation 5 Color Scienceにアップデートされ、DaVinci WideGamutおよびDaVinciIntermediateガンマのサポートを追加している。 さらにBRAW 2.0は、Blackmagic VideoAssistで記録されたニコンZ6IIおよびZ7II のBRAWクリップにも対応する。

価格と発売時期

Camera 7.3 Updateは、同社のサイトから無料でダウンロードできる。

また、Blackmagic RAW Player、Blackmagic RAW Speed Test、Blackmagic RAW SDK、およびBlackmagicRAWプラグインもインストールされる。 カメラをCamera4.0以降からアップデートする場合、プリセットとLUTはこのアップデート中に削除されるため、カードにエクスポートすることをお勧めする。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する