Blackmagic URSA Mini Pro 4.6K G2 スローモーション映像を公開

2019.3.28
Blackmagic URSA Mini Pro 4.6K G2 スローモーション映像を公開

Blackmagic URSA Mini Pro 4.6K G2は、URSA Mini Proの新バージョンでcinema5Dでも既に紹介している。このカメラは今月初めに発表され、最初の映像がはじめて公開された。

野生動物の映像

Blackmagic URSA Mini Pro 4.6K G2は、まだ予約注文の段階にある。しかし選ばれた映像クリエーターに初期ユニットを送ったようだ。野生生物の撮影監督、Garth De Bruno Austin氏もその一人。彼はURSA Mini Pro 4.6K G2のスローモーション機能を紹介するビデオを投稿している。このビデオはシグマ18-35mmと70-200mmのレンズを使い、Blackmagic RAW 4.6K / 2Kで撮影されている。映像は毎秒120(4.6K)と300(2Kのトリミングセンサー)フレームで撮影されている。

撮影された映像は非常に美しい。もちろん、Garth氏は非常に有能な映像カメラマンで、そして撮影場所や撮影された動物は彼ならではのものだ。スローモーション映像では解像感が高く、他のシネマカメラのように柔らかい印象ではない。象や芝生の細部も、モアレやその他の不要な効果は筆者には確認できなかった。また、Blackmagic Color Science 4は、演色性が大幅に向上したように見える。肌の色合いはとても魅力的だ。 URSA Mini Pro 4.6K G2の更なる映像サンプルが待たれる。

BlackmagicURSAMiniProG2_01

Image courtesy of Blackmagic Design

URSA Mini Pro 4.6K G2の主な仕様

オリジナルのURSA Mini Proはすでに内蔵NDフィルター、XLRオーディオ、そして多様な記録フォーマットを備えたカメラだが、URSA Mini Pro 4.6K G2はこれらに加え次のような新機能を持つ。

  • super35mm 4.6Kセンサー
  • 最大60 fps、スローモーションは4.6 K/120 fps、4K DCIでは150 fps、HD Blackmagic RAWでは300 fps
  • ProRes 4444 XQ、ProRes 4444、ProRes 422 HQ、ProRes 422 LT、ProRes 422 LT、およびConstant Bitrate 3:1、5:1、8:1、12:1のBlackmagic RAWをサポート。 4.6K、4K、Ultra HDおよびHD解像度でのProRes 422プロキシ同時記録
  • 15stopのダイナミックレンジ
  • 2、4、6stop減光のIR補正付きNDフィルター内蔵
  • EFマウントを標準装備。PL、B4、Fレンズマウントはオプション
  • デュアルC-Fast 2.0とデュアルSD / UHS-IIカードで無制限記録
  • 高速USB-C拡張ポートで外部SSDまたはフラッシュディスクに直接記録
  • ファンタム電源付きデュアルXLRマイク/ラインオーディオ入力、12G-SDI出力(カメラステータスオーバーレイでモニタリング可能)、ビューファインダー電源用の独立したXLR 4ピン電源出力、ヘッドフォンジャック、LANCリモートコントロール、標準4ピン12V DCなどの電源接続
  • 4インチ折りたたみ式タッチスクリーンモニター
  • DaVinci Resolveフル機能同梱

フジヤエービックのショップサイト

 

Blackmagic Design Blackmagic URSA Mini Pro 4.6K G2

 

広告

Leave a Reply

avatar
フィルター
全て
ソート
most voted
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
most voted

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

mode_comment