キヤノンがC500 Mark IIのファームウェアをアップデート

キヤノンがC500 Mark IIのファームウェアをアップデート

キヤノンは、EOS C500 Mark IIのファームウェアアップデートをリリースした。ファームウェアバージョンはV1.0.1.1。大きな機能追加などは無く、いくつかのバグ修正を行っている。

 

V1.0.1.1の変更点は次のとおり。(キヤノンのサイトから転載)

  1. リモートA端子、リモートB端子を同時に使用できるようになりました。
  2. センサーモード情報を表示できるようにしました。
  3. 特定の条件で高輝度部に色が付く現象を改善しました。
  4. 色温度ステップの設定を変更した場合に、設定が変更されないことがある現象を修正しました。
  5. Wi-Fiに接続時、ステルスSSIDの設定ができない現象を修正しました。
  6. 一部の編集ソフトでカラープロファイルが正しく認識されるようにメタデータを修正致しました。

新しいファームウェアは、SD / SDHC / SDXCメモリカードスロットを介して行える。ダウンロードは、キヤノンのWebサイトから入手できる。

現在、cinema5DではC500 Mark IIのラボテストを行っており、ダイナミックレンジとローリングシャッターテストを測定している。近く、レポートする予定だ。

こちらから、C500 Mark IIの低照度テスト結果と、6K RAWサンプルクリップをダウンロードできる。

 

関連商品

フジヤエービックのショップサイト

 

Canon EOS C500 Mark II 

 

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する