広告

キヤノンが珠海工場を閉鎖

キヤノンが珠海工場を閉鎖

キヤノンは先日、中国南部の珠海市にある同社の製造施設が閉鎖されることを確認した。1990年に建設されたこの工場は、現在1300人以上の従業員を抱え、昨年は1230万本以上のレンズを生産した。

キヤノンはEOS R5 Cを発売したばかりだが(レビューはこちら)、中国南部の都市、珠海の大規模な製造施設を閉鎖する計画も認めている。このニュースは、キヤノンがEOS-1D X Mark IIIを最後のデジタル一眼レフにすると発表してからわずか2週間後のものだ。

The newest Canon EOS R5 C. Image credit: CineD

キヤノン珠海工場閉鎖

中国のキヤノン珠海工場は1990年に建設された。30年以上にわたって、キヤノンのレンズ、デジタルカメラ、デジタルビデオカメラを生産してきた。2020年には、1230万本以上のレンズと100万台以上のデジタルカメラを生産した。合計で1.300人以上の従業員が働いており、珠海はキヤノンの一大拠点でもあった。

しかし、世界的なチップ不足とパンデミックの影響のために、キヤノンは、DPReviewにいつでもすぐに起こることについて工場の閉鎖を認めた。以下はキヤノンの声明。

珠海キヤノンの生産を停止する予定であることは事実です。珠海市政府およびハイテク区当局の指導のもと、現在、珠海キヤノンの従業員、サプライヤー、およびその他の関係者と話し合いを行っています。現在、協議中のため、現時点ではいかなる情報も開示することはできません。今後、必要と判断される場合には、改めてお知らせいたします。

Canon Inc.

キヤノンがこの工場の閉鎖を決めた理由については、単純な答えはない。また、同社の直近の業績はそれほど悪くないので、ミラーレスカメラとCanon Cinema EOSラインにもっと注力するというキヤノンの戦略の結果である可能性も考えられる。確かに、デジタル一眼レフカメラやコンパクトカメラの売り上げは減少しており、市場はゆっくりと、しかし着実に他のカテゴリーの製品にシフトしている。

キヤノンから更なる情報が入り次第、この記事を更新する。

Source: DPReview – Featured image: Jakob Owens via Unsplash

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する