CineMatch v1.06 – カメラのアップデートとApple M1のサポート

CineMatch v1.06 - カメラのアップデートとApple M1のサポート

カメラマッチングソフトウェアのCineMatchがv1.06にアップデートされ、リリースされた。新しいカメラプロファイルが追加され、M1 Macに対応した。

CineMatchプラグインは、Adobe Premiere Proおよび DaVinci Resolveに対応しており、異なるカメラで撮影された映像を素早くマッチングすることができる。詳細については、NAB2019での取材を参照いただきたい。

Version 1.06

今回のアップデートで、CineMatch v1.06はApple社の新しいM1 Macにネイティブ対応する。これにより、Rosetta 2を使ってマシンコードを翻訳する必要がなくなった。また、プラグインの設定から、モニターやカメラ内で使用するLUTを探索できるようになった。この機能は、複数のカメラを使用するプロダクションにとって、非常に有用なものだ。特にメーカーの異なるカメラを使用している場合はなおさらだ。下はv1.02時のチュートリアル。

さらに、新バージョンでは、HSLオートマッチカラー精度ツールが改善され、キヤノン C300 Mark IIIとシグマ fpのサポートが追加された。CineMatchは、すべての主要なカメラブランドの70以上のLogおよびRAWカメラプロファイルをサポートしている。また、一部のスマートフォンやアクションカメラにも対応している。対応するすべてのカメラのリンクはこちら。このリストにないカメラのサポートをリクエストすることもできる。

必要性

CineDの読者は、CineMatchプラグインを20%オフで購入できるAdobe Premiere ProDaVinci Resolveのプラグインを個別に購入することもできる。あるいは、3番目の選択肢として、プログラムを乗り換える場合に備えて、バンドルを入手することもできる。

CineMatchは、非常に重要なニッチを満たす強力なツールだ。カラーマネジメントのパイプラインが確立されている作品にとっては完璧なソリューションではないかもしれないが、さまざまなカメラで撮影するドキュメンタリー制作者や、ストックフッテージを利用するプロジェクトにとっては、CineMatchは完璧なツールキットになるだろう。

Leave a reply

Filter:
all
Sort by:
latest
Filter:
all
Sort by:
latest

Take part in the CineD community experience