広告

Final Cut Pro - Appleがエディターの嘆願に回答

Final Cut Pro - Appleがエディターの嘆願に回答

Appleは、編集者の嘆願に公的に回答した。しかし、これは何を意味するのだろうか?

先週、私たちCineDは、この運動を業界の中心舞台に押し上げ、スポットライトを浴びせる役割を担った。(記事はこちら)すべてのFCPエディターを代表して、私たちは、Appleがこの手紙に返答するようにする役割を果たすことが義務だと感じた。オリジナルの嘆願書はこちら。

Appleの対応

Final Cut Pro Apple Petition
Image credit: Final Cut Pro Petition

下がこの手紙に対するAppleの「公式」な返答。

テレビ・映画業界におけるFinal Cut Proに関する公開書簡の著者へ:クリエイティブコミュニティはAppleにとって常に非常に重要であり、あなたのフィードバックに感謝しています。

ハリウッド映画や話題のコマーシャルから、大手テレビ番組やオンラインコンテンツ制作の大御所による印象的な作品まで、これまでにもFinal Cut Proを使って魅力的なプロジェクトが数多く制作されています。

私たちは、みなさんからの重要な機能に関する要望に応えるための計画があると信じています。しかし、こうした努力を積み重ねて、みなさんの映画やテレビのプロジェクトをサポートし、重要なアップデートをお知らせするために、みなさんと一緒に働く必要性も認識しています。これには、以下のステップを踏むことが含まれます。

・パートナーであるFuture Media Conceptsと共同で、今月からプロビデオ向けの新しいトレーニング製品とApple認定資格の提供を開始します。

・今夏より、業界エキスパートによる定期的なコンサルテーションを開始します。

・主要な映画やテレビ番組制作のためのFinal Cut Proワークショップの内容と回数を拡大します。

私たちは、映画やテレビのプロジェクトをサポートするために皆さんと一緒に働きたいと考えています。私たちは今後も、熱心なユーザーの皆さんとより密接につながり、重要な対話を促進できるような機会を探っていきたいと思います。

Apple

私個人としては、この対応は「はい、あなたの意見を聞いて、考えてみます」という、非常に企業的な言い方に聞こえる。とはいえ、後退しているわけではない。正しい方向への小さな一歩だ。

Larry Jordanは、彼がアップデートの最初の機能として望むものについて、ここに書いている。AppleのWWDC(World Wide Developers Conference)は来月6月に開催される。ここで何か動きがあるだろうか?

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

Get 25 FREE Music Tracks for your next film projects