HollylandがMARS 300 PROワイヤレスビデオトランスミッターを発表

HollylandがMARS 300 PROワイヤレスビデオトランスミッターを発表

Hollylandは、MARS 300 PROをリリースした。MARS 300 PROは、従来のバージョンと同様に、最大伝送距離が90 m (300フィート)で、HDMI入力を持つワイヤレスシステム。新製品では組み込みアンテナにより軽量化され、HollyViewモニタリングアプリが使用でき、側面にOLED画面が搭載された。

MARS 300 PROの概要

Hollyland MARS 300ワイヤレスビデオシステムは、デジタル一眼レフ/ミラーレスカメラのユーザーで人気の製品だ。約450ドルと手頃な価格で、個人の映像クリエーターでも購入できる。

1年が経過し、今回新しいバージョンMARS 300 PROが発売された。

HollylandMARS300PRO_03

Image credit: Hollyland

MARS 300 PROの進化

MARS 300 PROは、最大伝送距離が90 mで、HDMI入力を持つワイヤレスビデオ伝送システム。遅延は0.08秒(従来のMARS 300では0.1秒)になり、WiFiネットワークで使用できる。

HollylandMARS300PRO_02

Image credit: Hollyland

前のモデルと同様に、送信機には2つのHDMIポートがある。 1つは入力ポートで、もう1つはループ出力ポート。レシーバーも2つのHDMIポートを備えているが、どちらもHDMI出力となっている。

HollylandMARS300PRO_10

The MARS 300 PRO “Standard” on the left and “Enhanced” on the right. Image credit: Hollyland

MARS 300 PROのハウジングは、前モデルと同様に金属製。 MARS 300 PROは、「スタンダード」と「エンハンスト」バージョンが選択でき、受信機では、両方のバージョンにアンテナが内蔵されている。

HollylandMARS300PRO_04

Image credit: Hollyland

送信機は、「スタンダード」バージョンにもアンテナが組み込まれている。ただし、混雑したWiFi環境の場合、「エンハンスト」バージョンでは、信号の安定性を高めるためにトランスミッターに取り外し可能なアンテナが付いている。また、MARS 300 PROは前世代よりも軽量で小型化されている。

  • MARS 300 PRO Standard Transmitter: 110 x 61 x 21mm for a weight of 136g.
  • MARS 300 PRO Enhanced Transmitter: 106 x 61 x 21.8mm for a weight of 172.5g.
  • MARS 300 PRO Receiver: 110 x 62 x 21mm and a weight of 128.5g.
HollylandMARS300PRO_08

Image credit: Hollyland

MARS 300 PROシステムには、2個のソニーNP-Fスタイルバッテリーを使用できる。

HollylandMARS300PRO_07

Image credit: Hollyland

また、外部バッテリーから電力を供給することもできる。ただし、MARS 300の6-16V DCバレルロック電源コネクタはなくなった。 MARS 300 PROは、USB Type-C電源入力ポートを備えている。これにより、たとえば、外部バッテリーやUSB電源アダプターからトランスミッターとレシーバーに電力を供給できる。

Vマウント/アントンバウアーバッテリーからワイヤレスシステムに電力を供給したい場合は、以前のバレルコネクタの方が適していた。実際、D-TapからUSB-CへのケーブルよりもD-Tapからバレルへの電源ケーブルの方が出回っており、信頼性も高い。しかし、ほとんどのアントン/バウアーVマウントおよび他の多くのブランドのバッテリーは、最近USBコネクタを備えているので、これらのバッテリーを使用できる。

HollylandMARS300PRO_09

Image credit: Hollyland

新機能

トランスミッターとレシーバーは非常によく似たデザインとなっている。付属の1 / 4-20インチマウントアダプターを取り付けるための2つのマウントポイントが用意されている。また、トランスミッターとレシーバーの下部に1 / 4-20インチの取り付けポイントもある。

HollylandMARS300PRO_01

Image credit: Hollyland

左側には、ON / OFFスイッチと、メニューをナビゲートするためのホイールがある。ホイールの上にはOLEDステータス画面があり、入力信号の解像度、ワイヤレスチャネル、バッテリーステータス、ファン速度などのステータスが確認できる。

HollylandMARS300PRO_05

Image credit: Hollyland

MARS 300 PROはHollyland HollyViewアプリと互換性がある。 MARS XおよびMARS 400Sと同様に、レシーバーをモニターに接続できるが、最大3つのスマートフォンやタブレットをモニターに接続することもできる。この機能は、複数のディレクターモニター用として、大規模なセットで便利だ。クライアントはHollyViewアプリ(iOSおよびAndroid対応)をダウンロードして、モニターできる。

HollylandMARS300PRO_06

Image credit: Hollyland

HollyViewアプリを使用してMARS 300 PROのファームウェアを更新できる。 また、WiFiが混雑している場所では、アプリを使用して利用可能なすべてのチャネルをスキャンし、最適なチャネルを選択できる。 チャンネルスキャンもレシーバー内に組み込まれている。

価格と発売時期

MARS 300 PROは今後数週間で出荷される予定。価格は、スタンダードバージョンが449ドル、エンハンスドバージョンが469ドル。 また、トランスミッターを1台(スマートフォンとペアリングして使用するため)199ドルで購入できる。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する