広告

Irixが150mm T3.0 “Revamped “とマットボックスを発表

IBC 2022で、我々はIrixのKarol Pietka氏に会う機会があり、同社の次期150mm T3.0非マクロレンズと、同社のマグネットフィルターに対応した興味深い軽量マットボックスのプロトタイプについて話を聞くことができた。

Irixは2016年から写真用・シネマ用レンズの製造を開始したが、シネレンズラインナップはすでにかなり充実している。現在6つの焦点距離(11/15/21/30/45/150mm Macro)からなるファミリーは、新しい150mm T3.0 non macro variantの導入により、ますます充実する。

21/30/45mmの中距離レンズはT1.5の絞りを共有し、11mmと15mmの広角モデル、150mm MacroはそれぞれT4.3、T2.6、T3.0に限定される。ほとんどのモデルは、IBC 2022で展示されるIrixの次期マットボックスの中核をなす、同社の磁気フロントフィルターシステムに対応している。

Image credit: CineD

Irix 150mm T3.0:標準望遠レンズ

要望の多かった、同社の既存の150mm T3.0 Macro 1:1シネマプライムは、ユーザーに従来の望遠レンズを提供するために見直される。Karol氏によると、現在行われている調整は、Irixのユーザーが慣れているルックを維持するもの。

Image credit: CineD

修正には、内部設計の変更と、フォーカスギアの再定義が含まれる。後者は、遠くの被写体に焦点を合わせる際にユーザーが使いやすいように適合させる必要がある。Irixのシネマプライムは現在7種類のマウント(Canon EF and RF, Sony E, ARRI PL, Nikon Z, Leica L, and Micro Four Thirds)で発売されており、今回の150mmも例外ではない。

Image credit: CineD

同社は年末に向けて、45mm T1.5と150mm T3.0の間のギャップを埋めるために、追加の焦点距離がファミリーに加わることを発表している。さらに、来年にはFUJIFILM Xマウントのオプションを導入する予定。

マグネットフィルターシステムを搭載したIrixマットボックスのプロトタイプ

IBC 2022の展示では、間もなく発売されるIrix matteの量産前のサンプルも見つけることができた。この軽量なアクセサリーは、トップフラッグを含み、ABS樹脂とカーボンファイバーの組み合わせで作られており、後部直径は95mmだが、異なるフロントレンズ直径とフィルタースレッドのためのアダプタが付属している。

Image credit: CineD

最大のセールスポイントは、同社のレンズのほとんどに搭載されているマグネットフィルターシステム。これにより、ユーザーはVND、CPL、UVフィルターをレンズの前面にねじ込んだり、マットボックスフィルタースロットにスライドさせたりすることなく、迅速かつ簡単に交換することができる。

Image credit: CineD

価格と発売時期

新しいIrix 150mm T3.0は生産の最終段階に入っているが、秋には準備が整う。このレンズは、現在1,195ドルに設定されているシリーズの他のレンズと同じ価格をになる。一方、近日発売予定のマットボックスの価格については、公式な情報はない。

詳細については、Irixのウェブサイトをご覧いただきたい。

フジヤカメラのIrix製品一覧はこちら

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手