LaowaがLマウントマクロと超広角レンズを発表

2020.7.28
LaowaがLマウントマクロと超広角レンズを発表

Venus Opticsは、6本のLマウント用のレンズを発表した。10-18mm f / 4.5-5.612mm f / 2.8 Zero-D15mm f / 2 Zero-D15mm f / 4広角マクロ、65mm f/2.8 2Xウルトラマクロ、100mm f/2.8 2X Ultra Macro APO6本。価格は他のレンズマウントと同じで、20208月に出荷が開始される。

Six Laowa Lenses coming in L-Mount versions as well. Source: Venus Optics

Lマウントアライアンスは、約2年前にライカ、パナソニック、およびSIGMAの間で結成さた。現在、各社からLマウントカメラが発売されている。映像クリエーターの間で特に人気が高いのは、パナソニックLUMIX S1、S1H、および SIGMA fpだ。

Lマウントアライアンスは、かなりの量のネイティブレンズをリリースしている。中国のニッチなレンズの専門メーカーVenus Opticsは、6本のLaowaレンズをLマウントで発表した。

6本の新Lマウントレンズ

Laowa はVenus Opticsのレンズブランドで、マニュアルの写真および動画用レンズを多数発売している。ラインアップには多くのウルトラワイドレンズもある。

Venus Opticsは6本のLマウントレンズを発表した。3本の超広角と3本のマクロだ。

まず、3本の超広角レンズから見てみよう。

  • Laowa 10-18mm f / 4.5-5.6 –このレンズは、Venus Opticsによると、フルフレームカメラの市場で現在入手可能な最も広角のレクティリニアズームレンズ。フィルター用のリアフィルタースロットを持つ。レンズについての詳細はこちら
  • Laowa 12mm f / 2.8 Zero-D –このレンズは現在フルフレームカメラ対応の最も広角のレクティリニアf / 2.8レンズ。Zero-Dとは、ゼロに近い歪みであることを意味している。このレンズについては、詳細はこちら
  • Laowa 15mm f / 2 Zero-D –他の広角レンズとは異なり、15mm Zero-Dは72mmのフロントフィルタースレッドを持つ。 12mm f / 2.8と同様に、この15mmもフルフレームセンサー対応で、歪みもゼロに近い。詳細はこちら

Six Laowa Lenses coming in L-Mount versions as well. Source: Venus Optics

次に3本のマクロレンズを見てみよう。

  • Laowa 15mm f / 4広角マクロ– Venus Opticsは、このレンズは現在最も広角の1:1マクロレンズであると述べている。フルフレームセンサー対応で、シンプルな+/- 6mmシフトメカニズムを備えている。詳細はこちら。
  • Laowa 65mm f / 2.8 2X Ultra-Macro –このレンズをLマウントに採用するのは少し不思議だ。これはミラーレスAPS-Cカメラ用に設計されたレンズで、フルフレームセンサーには対応していない(現在、LマウントでAPS-Cカメラは無い)。したがって、このレンズはクロップモードでのみ使用できる。詳細はこちら
  • Laowa 100mm f / 2.8 2XウルトラマクロAPO – 2:1の倍率の他に無限遠まで焦点を合わせることができ、フルフレームセンサーに対応する。詳細はこちら

Specs and Prices of the six Laowa L-Mount Lenses. Source: Venus Optics

価格と発売時期

これらのレンズは現在、予約注文が可能。価格は他の利用可能なマウントと同じ。発送は2020年8月に開始される予定。

LaowaのWebサイトはこちら

関連商品

フジヤエービックのショップサイト

Panasonic DC-S1H-K

Panasonic DC-S1-K

SIGMA fp&45mm F2.8 DG DN kit

Leave a reply

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する