富士フイルムの中判カメラGFX 50Sの詳細が明らかに

富士フイルムの中判カメラGFX 50Sの詳細が明らかに

Fujifilm GFX 50S Video and Photo Camera Body Only Front

富士フイルムの中判カメラGFX 50Sは数ヶ月前に発表されたが、昨日同社は詳細のスペックを明らかにした。ビデオ機能や発売時期、価格も発表されている。

GFX 50Sはフォトカメラの世界を変えるか

ビデオの機能についてもお知らせするが、その前にGFX 50Sは写真の世界で大きなニュースであることを認識しておくべきだろう。今まで一部の上級者のみに限られていた中判カメラが、レンズやアクセサリーも含めて手の届く範囲に降りてきたのだ。注目の価格は$6,499と発表されている。

GFX 50Sは51.4メガピクセル(8256×6192)のセンサーを持ち、コンパクトで、着脱可能なFHDに近い解像度のOLEDビューファインダーを搭載している。同社はまた3種類のレンズも同時に発表したが、今後レンズラインアップの充実も約束している。

Fujifilm GFX 50S Video and Photo Camera Body Only Back

GFX 50Sのビデオ機能

GFX 50Sは、ビデオも撮影するフォトカメラマンのために、ビデオ機能を搭載している。ただし、本格的なビデオ撮影用途は対象ではなく、4kビデオ機能は搭載していない。4Kがこれから主流になる新しいフォーマットであることを考えると、8Kの解像度を持つこのカメラが4Kをサポートしないのは不思議な感じがする。もちろん現在はFHDで撮影する重要性はまだまだ高く、この中判カメラが発売されれば、フォトカメラマンばかりでなくビデオカメラマンからも、大きな注目を浴びるのは間違いないだろう。中判カメラの動向については、以前の記事があるので、こちらも参考にしてほしい。

Fujifilm GFX 50S Video and Photo Camera Medium Format Black

なお、富士フイルムは、この日、X-T20も発表している。このカメラはAPS-Cのミラーレスカメラで、4K UHDビデオを撮影する事ができる。

GFX 50Sのビデオ機能

  • Full HD 1080p /29.97, 25, 24, 23.98 fps
  • X-T2同様のフィルムシミュレーションモード
  • ISO感度12,800
  • 特筆すべき高ダイナミックレンジ

ビデオ機能に関しては十分ではないし、このことについて多くの批評もあるが、このカメラについてメーカーが考えるコンセプトや位置付けについても知っておく必要があるだろう。前回富士フイルムの本社で開発担当者と会い、インタビューをすることができた。下がそのビデオで、記事はこちらで読める。

 

このインタビューを見ると、富士フイルムがこのマーケットにじっくりと取り組み、将来的に大きな戦略を描いているように思える。今後ユーザーがこのカメラを使い、様々なフィードバックを行うことによって、本格的なビデオユーザーにも使える中判カメラがラインアップに加わることになるだろう。X-T2の成功を考えれば、このことはかなり確度が高いことだといえる。

ログガンマについて

ログガンマは映像のコントラスト値を保存する方法で、リニアガンマに比べてよりナチュラルな輝度レベルを有する。特に高ダイナミックレンジやシネマチックな映像を求める場合は、ログガンマは非常に有効な手段となる。X-T2にはこのログガンマで内部収録する機能がサポートされなかったのだが、GFX 50Sでも同様にサポートされていないようだ。プレスリリースにはこのことには触れられていないので、F-logが内部記録できるのか、あるいはX-T2同様外部出力のみなのか定かではない。(X-T2は外部出力にのみF-logガンマを付加することができる)

Fujifilm GFX 50S Camera Body only Top

出荷時期

今のところビデオ機能についての情報はこれだけだが、今後動向を見守り、ラボテストもできるだけ早いタイミングで行いたいと考えている。待ちきれない読者もおられるだろうが、出荷は2017年2月後半で、現在プリオーダーが可能だ。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する