広告

NANLITE PavoTube II ハンズオンレビュー

NANLITE PavoTube II ハンズオンレビュー

照明メーカーのNANLITEは、人気の高いPavoTube LEDチューブのラインナップを更新し、2フィートから8フィートまでの3つのサイズで新しい第2世代のRGBWWを発表した。 今回は、新しいPavoTube 15Xと30Xが手に入ったのでフィールドレビューを行った。

初代PavoTubeシリーズは、私にとって多くのボックスをチェックする機会になった。このシリーズは、業界をリードするAsteraチューブよりも安価でありながら、内蔵バッテリー、様々なアクセサリー、ワイヤレスWifiアプリコントロール(追加アクセサリー購入時)、バイカラー、様々なエフェクト、たくさんのカラーオプションのような、最近のライトが持つすべての機能を持っている。

手頃な価格で購入できるのも魅力だ。オリジナルのPavoTubeの4フィート版である30Cは329ドル、4フィートのAstera Titanは849ドルだった。バッテリーを内蔵していない「Quasar Science Q50」は750ドルとなっている。

率直に言って、オリジナルのPaboTubeの付属品は私にとってあまり魅力的ではなかったし、Bluetoothコントロールがないのも残念だった。しかし、この価格を考えれば、ある程度納得できる。オリジナルはホームランではないが、LEDチューブのカラー対応チューブライトの選択肢が限られていた時代には、間違いなく歓迎すべき選択肢だった。

Image Credit: Graham Sheldon

では、なぜチューブのフォームファクターが映像制作者にとって魅力的なのだろうか?敢えて言えば、ジップタイやマグネットマウント、あるいはテープ(もちろん安全第一)を使って取り付けることができるので、非常にフレキシブルな照明となっている。ミュージックビデオのプロデューサーはチューブライトが大好きで、一時期は巨人Asteraが背景に見えるビデオが次々と作られていた。2フィートのチューブライトは、世界の空の旅で必要とされるリチウムイオンバッテリーに配慮すれば、フライトでの持ち運びにも適している。

NANLUXLedgoなどのNANLITEブランド(いずれも系列会社のNanguang)は、歴史的に見ても、私には少し定義が曖昧に感じられる。プロ向けとプロシューマー向けにブランドが分かれており、NANLUX Evoke 1200はDynoやPaboTube IIシリーズと同じくらいプロ向けの製品に思える。しかし、同社はForza 500を筆頭に、プロ向けの製品があり、それは大きな驚きだった。

PavoTube IIはPavoTube II 6C(このシリーズの上位機種で、しばらく前に発売された機器)と混同しないように。

まず、価格が違うことに気づくだろう。

PavoTube II 15X — $389
PavoTube II 15X 2Kit — $719
PavoTube II 15X 4Kit — $1399

PavoTube II 30X — $579
PavoTube II 30X 2Kit — $999
PavoTube II 30X 4Kit — $1999

比べてみると、4フィートのPavoTubeは329ドルから579ドルへと価格が上がっている。重要ではないが、Quasar ScienceやAsteraに比べてより手頃な価格になっている。価格はさておき、PaboTube IIシリーズにはいくつかのビッグバナー機能が追加されており、コストアップを正当化している。その特徴とは、Bluetoothアプリによる操作(高価なアクセサリーを購入する必要はない)、個別に制御可能なゾーン、2700Kから12000Kまでの幅広いケルビン値の選択(HSIコントロールとグリーン/マゼンタ調整付き)などだ。

ファーストインプレッション

Image Credit: Graham Sheldon

一見したところ、PavoTube IIシリーズは第一世代と劇的には違っていないように見える。外観上の違いは些細なもので、主にボタンの配置に関わるものだ。電源ボタンが移動し、両端のコントロールノブがなくなっている。ノブの代わりに、メニュー画面に直接隣接するボタンが設置されている。また、PavoTube IIを様々な構成でマウントするために、3つの新しい1/4″20スレッドがある。ボタンの配置がメニュー画面の周りに集まっているので、第一世代と比較して、より直感的に使用することができる。

Everything about the button placement is better in this generation and makes a bit more sense to navigate. Image Credit: Graham Sheldon
Rear facing 1/4 20 thread.

先端の1/4″20スレッドは、チューブを床に垂直に立てることができる、今後予定されている小型の「フロアスタンド」アクセサリーのためには意味があるが、安全上の理由から、私は2フィートまたは4フィートのPaboTube IIを1つの1/4″20マウントポイントでマウントすることは避けている。私は、2つの後ろ向きのネジを同時に使用して、任意の出演者の上にマウントしている。

先にLEDチューブの取り付けは簡単だと述べたが、市場に出回っているすべてのLEDチューブで直感的に操作できるわけではない。PavoTube IIの標準的なT12サイズは、DoPChoiceやMatthewsのようなブランドのサードパーティ製アクセサリーを幅広く利用できることを意味する。私は、LEDチューブの標準サイズがT12であることを嬉しく思っている。これにより、映画制作者はアクセサリーのコストを削減できるからだ。

また、PavoTube 15Xと30Xの重量にも感心する。これらのライトは、軽量で、移動も楽にできる。

光度測定

2フィートの15Xと4フィートの30Xが、3フィートの距離からどれだけ正確に色温度(ケルビン)と出力(lx)できるかを見るために、セコニックC-700U分光計(現在はC-800Uに更新)でいくつかの測定をしてみた。いずれもアクセサリーを装着していない状態での測定結果だ。

3200Kをターゲットにして3131Kという測定値は、許容できる誤差の範囲内であり、素晴らしい結果だ。比較のために、PavoTube 15Xのターゲットを5600Kに設定し、出力を100%にして測定した結果が以下の通り。

5600Kをターゲットにした測定値5471Kは、タングステンの性能からわずかにずれているかもしれないが、正確なケルビンの取り扱いに関しては、このライトのもう一つの優れた結果だ。

PavoTube 30X 4ftバージョンでは、3200Kをターゲットにして簡単なテストをしてみた。

3200Kのターゲットで3129Kを達成したことは、2フィートと比較して非常に一貫した結果であり、これもまた素晴らしいものだ。ルクスの測定についても少し触れておこう。696ルクスで、Astera Titanの出力と並んでいる。Astera Titanは通常、同じ距離で同じようなケルビン温度で測定した場合、700ルクス前後になる。

そして最後に、5600Kをターゲットにしたデイライトのケルビン処理をチェックしてみた。

2フィートのものと比較しても非常に安定した結果であり、5426Kという素晴らしい結果が得られた。

ワイヤレスコントロール

照明メーカーのアプリを初めて試すときは、正直なところ、よく考えられていないアプリで痛い目にあってきたので、いつも緊張する。しかし、今回は違う。NANLINKのアプリは歓迎すべきものだ。PavoTube第2世代のコストアップを正当化している。iOS用はここをクリック(Android版は近日公開予定)。

Bluetoothでの接続は簡単で、私のiPhoneでは、すぐに使えた。先に発売されたPaboTube II 6Cは、NANLINKアプリで使用するために、最終的にファームウェア・アップデート(2022年1月予定)が可能であることを知っているが、ここからが厄介なことになる。私のレビューしたライトは、アプリをテストするためにファームウェアをアップデートする必要があり、ファームウェア転送用の互換性のあるサムドライブの数が現在限られているため、USB-Cアダプターも必要だった。オンラインで公開されているファームウェアアップデートの手順に従う。

アプリでは、ピクセルコントロールや十数種類のエフェクトなどが複雑になる可能性があり、厄介なことになるのではないかと心配していたが、その逆だった。これらのチューブライトをコントロールするには、アプリの方が適している。また、アプリでエフェクトを設定すると、手動でメニューを操作する場合に比べて早くできる。

実際、このアプリはDMXボードオプのBluetoothではなく、シンプルなフィクスチャからプログラマブルなエフェクトの世界へと移行する映画制作者のために設計されたように感じられる。私が言いたいのは、このアプリが直感的に使えて、自分のやりたいことをライトに反映させることができるということだ。

DMXコントロールに興味のある方は、複数のフィクスチャをワイヤレスでコントロールするために、NANLINKトランスミッターボックスが必要だ。NANLINK送信機にはバッテリーが内蔵されており(10時間のバッテリー持続時間を約束している)、Forza 60からMixPanelシリーズまで、あらゆるNANLITE製品と互換性がある。

これまでのところ、照明メーカーのアプリの中ではトップクラスの出来栄えだ。照明器具のファームウェアのアップデートが気になる方は、このアプリでのコントロールをお勧めする。

まとめ

PavoTube IIシリーズは、前世代への価値あるアップデートだ。また、PavoTube製品ライン全体の追加機能の点でも、飛躍的に進歩していると感じられる。しっかりとしたBluetoothアプリに、複数の制御可能なピクセルと追加のマウントポイントが加わり、出力が向上したことで、価格の上昇は正当化されていると思う。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する