広告

パナソニック LUMIX GH5Sを再レビュー

パナソニック LUMIX GH5Sを再レビュー

LUMIX GH5Sのファームウェア2.2とVideo Assist 12G HDRのファームウェア3.5のアップデートにより、パナソニックとブラックマジックデザインはGH5sに外部BRAW記録機能を追加した

パナソニックは、GH5 Mark IIの発表とGH6の発売の間に、GH5Sの2つのメジャーなファームウェアアップデートをリリースした。

ファームウェア2.0で、パナソニックはGH5SにProRes RAWのサポートとオートフォーカスの改善を追加した。最近リリースされたファームウェア2.2では、GH5SがBlackmagic RAWを2つのVideo Assist 12G HDRモデルのいずれかに記録できるようになっている。

LUMIX GH5S with Ninja V records ProRes RAW. Source: Atomos

ソニーがF5で4Kをサポートしたり、ブラックマジックがPocket 4KでBRAWを有効にしたりした例があるが、パナソニックも古いカメラのバージョンアップを行った。

C200のオーナーは、キヤノンが内蔵の10ビット422コーデックを追加するのを待っているが、GH5Sのオーナーは、かつてのLUMIXのフラッグシップカメラがRAWを外部レコーダーに出力できるようになったことを歓迎するだろう。

RAWウォーズ

ProRes RAWとBlackmagic RAW (BRAW)により、AppleとBlackmagic Designは、低予算の映像クリエーターに可能性を与えた。どちらのフォーマットが優れているかが争われているが、ジェラルド・アンドーンとジョーダン・ドレイクの各氏の調査によると、実装やワークフローは異なるものの、達成可能な結果という点では、似通っているようだ。

Angelbird 128GB AV Pro Mk 2 UHS-II SDXC Memory Card Credit: Angelbird

多くのユーザーにとって、RAWフォーマットの選択は個人の好みによる。MacユーザーやPremiereで編集しているユーザーにとっては、ProRes RAWの方が理にかなっているかもしれない。Resolveで編集するWindowsユーザーの私にとっては、Blackmagic RAWは自然な選択だった。

ファイルサイズが重要

ProRes RAWと比較して、Blackmagic RAWのコンスタントビットレートオプションのファイルサイズが非常に小さいことが最大の驚きだ。64GBのSDXCカード1枚で、12:1圧縮のDCI 4K BRAW映像を23.98fpsで最大39分記録できる。

SDXCカードよりもSSDドライブの方がギガバイトあたりのコストが低いことを理由に、Video Assist 12G HDRよりもNinja Vを支持する人もいるかもしれないが、私に言わせれば、これはちょっとした言い訳だ。スペース効率に優れたBlackmagic RAWフォーマットは、ProRes RAWほどのストレージを必要としない。さらに、Video Assist 12G HDRは、付属のUSB-Cインターフェースを介してSSDドライブにも対応している。

GH5s BRAW
Blackmagic Design BRAW Player on Windows

サポートされていないが、PNY UHS-I 64GB SDXCカードを、5:1圧縮を使用したDCI 4K BRAWまでのテストに成功した。公式にサポートされているProGrade UHS-II V60 64GB SDXCカードは、Video Assist 12G HDRで利用可能な最高のBRAWフォーマットである一定品質のQ0まで、完璧に動作した。

Blackmagic RAWの最初の目的はコマーシャルや物語のプロジェクトだったが、今ではドキュメンタリー作品にもBRAWを使うことを真剣に考えている。12ビットのBRAWファイルを、記録時間の長い手頃なSDXCカードに書き込めるようになったのは、まさに画期的なことだ。

GH5Sは、3年後に進化したと言っても良いだろう。

スムースに再生

同じく嬉しい驚きは、BRAWで撮影した映像をWindows上でスムーズに再生できることだ。 DaVinci Resolve 17.4はDCI 4K BRAWファイルの再生とスクラブを滞りなく行うことができる。WindowsのBRAWプレーヤーも同様に軽快だが、モニター用LUTを追加できないのがちょっとした不満だ。

ファームウェアのアップデートをGH5SとVideo Assist 12G HDRにインストールした後、GH5SとVideo Assist 12G HDRを使って、昼と夜の風景を手持ちで撮影してみた。このサンプル映像は、グレーディングやノイズリダクションを行わず、カメラから取り出したままの状態となっている。

Music credit: The Carousel Twins, Luella Gren

Video Assist 12G HDRのBRAWオプションで最も画質の低い12:1圧縮のコンスタントビットレートで撮影した。変換LUTを適用しただけだが、12ビットの映像はうまく機能している。

なお、Studio Sumizoonでは、GH5SのBRAW映像をいくつか掲載しているので、ぜひご覧いただきたい。

ファインプリント

パナソニックは、他のメーカーが高級機にしか搭載しないような機能を標準装備することで知られている。GH5Sでは、24fpsでの撮影が可能になった。ただし、システム周波数が24Hzの場合、HDMIのRAWデータ出力ができないため、23.976fpsでの撮影となる。

多くの評論家が指摘しているように、R3Dファイルとは異なり、HDMIで記録されたBRAWファイルではResolveでのホワイトバランスと色合いのCamera RAW調整ができない。グレーアウトしていない設定項目は、露出スライダーだけとなる。

Panasonic Lumix GH5s
Panasonic LUMIX GH5S. Image credit: CineD

Camera RAWのコントロールができないのは残念だが、12ビットのBRAWファイルでは、通常の温度と色合いの調整をかなり極端にしても、映像が破綻することはない。

投資価値

GH5Sをすでに所有しているのであれば、BRAWやProRes RAWで撮影するのは当然のことだ。パナソニック、Blackmagic Design 、Atomosは、このかつてのLUMIXのフラッグシップカメラの妥当性を、当初の販売期限をはるかに超えて延長したことに脱帽する。

しかし、もしあなたが低価格のRAWカメラを求めているならば、GH5Sは市場に出回っている、あるいは近々発売される他の選択肢と比較して、依然として賢明な投資だろうか?そのためには、このマイクロフォーサーズの驚異的なカメラに搭載されている他の機能を、より深く掘り下げる必要がある。

オートフォーカス の改善

パナソニックのLUMIXカメラは、以前からオートフォーカスの性能が低いと言われてきた。今回のファームウェア2.0では、キヤノンやソニーのオートフォーカスのようにはいかないが、GH5SがLUMIX S5のオートフォーカス性能のレベルまで大幅に進化している。

パナソニックのデプスフロムフォーカスは、新しい頭部認識とトラッキングにより改善されている。瞳と顔の検出は従来の2倍、人と動物の認識は5倍の速さになっている。

CineD previously tested AF improvements to the GH5S.

以前、ソニーαで高速で信頼性の高いオートフォーカスを使ったことがあるが、GH5Sのオートフォーカスの改善に純粋に感銘を受けた。

放送用コーデックと対数プロファイル

10ビットの422オールイントラ200と400mbpsのh.264コーデックを内蔵していることから、GH5Sは放送用にも適している。DPのYoram Astrakhan氏は、FHDを使用しているものの、Investigation Discoveryの「Betrayed」では、ジンバルとカーマウントでGH5Sを使用している。

先に述べたように、3倍以上の価格のC200には、10ビットの422コーデックが内蔵されていない。S5とS1のオーナーは、内部で10ビット422で記録することができるが、Long GOPで我慢しなければならないので、GH5SはS1Hとともに放送業務に適していると言える。

また、GH4/5では有償アップグレードが必要だったV-Log LをGH5Sでは標準搭載している。

シネマ撮影

GH5Sは、17:9のアスペクト比で内部撮影することができるが、ソニーのα7S III/FX3やキヤノンのR6のように、最近の高価なミラーレスカメラでもまだできないものもある。

Lumix GH5s Full-Size HDMI port
LUMIX GH5S full-size HDMI port Credit: Panasonic.

4096×2160 DCI 4Kのフルサイズで撮影すると、UHDに比べて水平方向に256ピクセルの解像度が追加されるし、16:9にリフレーミングするための幅も増える。

FullフルサイズのHDMI端子

パナソニックのGH4は、10ビット422の4K出力を実現した初のミラーレスカメラとして画期的だったが、マイクロHMDI端子の信頼性の低さが大きな欠点だった。GH5Sのフルサイズ機であるS5は、GH4と同じ制限を受けており、5.9K BRAWとProRes RAWの機能を備えているにもかかわらず、残念な欠点となっている。

ISO 25,600 is still usable on the GH5S.

内部記録とRAWのHDMI出力を同時に行うことができないため、多くのプロカメラマンは、S5の安全性の低いマイクロHDMI端子が問題となる。GH5SにはフルサイズのHDMI端子があり、ポートプロテクターとケーブルマネジメントシステムが付属しているので問題ない。

デュアルネイティブISO

LUMIX BGH1、S5、S1、S1H、BS1Hに搭載されているデュアルネイティブISOは、大型のバリカムに採用されたもので、LUMIXではGH5Sにのみ搭載されている。また、ソニーのVENICE、FX9、FX6、FX3/A7SIII、RED Geminiなどが、パナソニックのデュアルネイティブISOに続いたことは注目に値する。

しかし、すべてのデュアルネイティブISOが同じように作られているわけではない。 Varicam 35のデュアルネイティブISOは800と5,000だが、GH5SのデュアルネイティブISOはほとんどのピクチャープロファイルで400と2,500となっている。しかし、あまり知られていないことだが、GH5SのV-Log LでのデュアルネイティブISOは、高価な Varicam 35と同様に、800と5,000だ。

LUMIX GH5S Credit: Panasonic

一方、S1HのV-LogのデュアルネイティブISOは640と4,000、EVA1のデュアルネイティブISOは800と2,500となっている。つまり、GH5Sは、デュアルネイティブISOの設定と低照度の能力に関しては、バリカムのラインと考えてよい。

光学ローパスフィルター

皮肉なことに、動画中心のカメラに共通する目的は、映像を動画らしく見せないことだ。GH5Sのように、モアレやエイリアシングを軽減するために、光学ローパスフィルター(OLPF)を導入することがよくある。

G9、GH5、GH5 II、S1、S1R、S5にはOLPFが搭載されていないので、GH5Sは他の写真中心のLUMIXカメラやハイブリッドカメラよりも、映画のような映像に適していると言えるだろう。

スローモーション

長編映画の大半は24または25fpsで撮影されているにもかかわらず、YouTubeでシネマティックな映像を検索すると、スローモーションの動画がたくさん出てくる。シネマティックとは、なぜかハイフレームレートと同義語になっている。

Panasonic GH5S. Image credit: CineD

GH5SはUHDまたはDCI 4Kで最大60fps、1080pで最大240fpsを実現している。

LUMIX GH5Sの弱点

GH5Sにはボディ内手ぶれ補正機能が搭載されていないが、これはサンプル映像の歩道橋の映像でよくわかる。ジンバルや手ブレ補正レンズを使用することで対応する必要がある。

Dynamic Range Comparison. Credit: CineD

同じマイクロフォーサーズセンサーを搭載しているにもかかわらず、GH5SがBGH1のようにNetflixに承認されていないのは、ダイナミックレンジの点でやや劣っているためだ。パナソニックは、BGH1のV-Log Lからさらに1段分のダイナミックレンジを引き出すことができた。

GH5Sのダイナミックレンジの限界を理解することで、GH5Sを最大限に活用することができると、HKSCのPing Hung Wong氏が2回に分けて説明している。

最後に、より高い解像度やフルフレームセンサーを求める場合は、他にも魅力的なカメラの選択肢が増えている。

Music credit (video): The Carousel Twins, Luella Gren (epidemicsound.com)

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する