リコーのTheta V - UHD4Kで360°映像を撮影可能

リコーのTheta V - UHD4Kで360°映像を撮影可能

リコーはTheta V UHD 360カメラを、成長急な360°カメラマーケットに投入した。ライブストリーミング、3D空間オーディオ、40分の内部UHD4K記録など、注目すべき360°カメラだ。以下、詳細を解説する。

Ricoh Theta V

Insta360 Oneの興奮もさめやらないが、今度はリコーがTheta Vを発表した。 従来の同社の360°カメラの使い慣れた形状を踏襲しているが、仕様面では目覚しい進歩を遂げている。ボディの両側には2つのf / 2レンズと12メガピクセルのCMOSセンサーが搭載されており、360度のUHD4K(3840×1920)映像を撮影することができる。

サンプル映像

Theta VではUHD4Kのライブストリーミングも可能とされているが、まだどのプラットフォームかについての情報は無い。着脱できるメモリカードスロットがないため、プロフェッショナル向けにこのカメラを使用するのは限られるが、19GBの内部メモリーのデータ転送速度が向上しており、H.264で4K映像を40分記録できる。

オプションの3Dオーディオマイクロフォンが用意されており、360°空間オーディオを記録することも可能。昨年末Ossic Xヘッドフォンでも紹介したが、360°オーディオは、正しく録音され、正しくミキシングされると、本当に素晴らしいサウンドになる。

以前のモデルと同様、無料のiOSとAndroidアプリを使用して、手動で設定することができる。

主な技術仕様

  • 最大解像度:3840×1920
  • インターバル記録モード
  • 重量:121グラム
  • 3Dオーディオマイクロフォン(オプション)
  • 水中ハウジング(オプション)
  • バッテリー持続時間:ビデオ80分、静止画3000枚
  • 写真の解像度:5376 x 2688(12メガピクセル)

 

 

 

 

 

価格は、360°カメラとしてはプレミアムな位置付けだが、軽量で使いやすいカメラで、リコーのオリジナルのステッチング技術も採用されている。Ricohカメラのファンにとって注目すべきカメラだろう。

Theta Vの価格はアマゾンで50,600円、発売予定は9月15日とされており、予約注文が可能。

リコーのWebページはこちら

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する