ソニーAマウントはどうなる?

ソニーAマウントはどうなる?

ソニーは最近、α68、α77 II、およびα99IIを含むすべてのAマウントカメラをWebサイトから削除した(同社の日本サイトでは存続)。現在はEマウントのミラーレスカメラとシネマカメラが中心になっている。

ソニーは、Eマウントミラーレスカメラ、シネマカメラ、レンズの開発に注力している。実際、最後のAマウントカメラは、2016年のα99IIだった。

2020年9月、同社はAマウントからEマウントへのアダプターLA-EA5もリリースしている。

The Sony LA-EA5 adapter. Image credit: Sony

Aマウントの行方

α68、α77 II、およびα99 IIなどのAマウントカメラは、ソニーの海外Webサイトから消えB&Hのサイトでも、これらのカメラはすべて無くなった。

もっとも、α7S / α7Rのようなミラーレスカメラが好評で、またFX3 / FX6 / FX9 / FS7などのほとんどのシネマカメラにもEマウントが採用されており、もはやEマウントが主流になっているため、Aマウントはほとんど忘れ去られた存在だ。

The Sony a68, a77 II, and a99 II. Image credit: Sony

スマートフォンのカメラが高性能化し、もはやミラーレスカメラでさえもカメラの主流とは言えない状況で、DSLRカメラの存続は難しいのかもしれない。

AマウントカメラやAマウントレンズのユーザーには厳しい状況になるが、ソニーは少なくとも2、3年は製品のサポートを続けると思われる。今後もAマウントの状況が分かり次第、レポートしたい。

RIP image credit: Sudan Ouyang (https://unsplash.com/photos/4YKgdHJD05A)

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する