広告

ZacutoがキヤノンEOS C70 Coldshoe Z-Finderを発売

ZacutoがキヤノンEOS C70 Coldshoe Z-Finderを発売

ZacutoがEOS C70用Coldshoe Z-Finderをリリースした。ケージを必要としない、ミニマルなセットアップが可能だ。この2.5倍のルーペアタッチメントを使用すると、外付けのEVFを使用せずに、明るい日中の条件下で撮影できる。

2020年9月に発表されたキヤノンEOS C70は、大成功を収めている。私を含む多くの映像制作者が、撮影するのが楽しく、優れた機能を持つこの非常にコンパクトな小さなカメラに乗り換えたのだ。EOS C70は、内蔵NDフィルター、2つのMini-XLRオーディオ入力、4K120P 4:2:2 10bitでSDカードに内部記録できるなど、数え切れないほどの機能を備えている。

米国のサードパーティーアクセサリーメーカーZacutoは、高品質のカメラリギングソリューションを作ることで有名なメーカーだ。2020年末、同社はすでにキヤノンC70用のフルケージとZ-Finderアタッチメントを発売している

確かに、C70の主な欠点の1つは、EVFを搭載していないことで、また、カメラ内蔵の液晶もあまり明るくない。つまり、晴天時の屋外での撮影は、カメラの画面でモニターすることがほぼ不可能なのだ。

外付けのEVFをカメラに取り付けて電源を供給することを避けたい場合は、Zacutoが発売した、その名の通りカメラのコールドシューに直接取り付ける「Zacuto Canon EOS C70 Coldshoe Z-Finder」が最適だ。ケージが必要ないため、C70のフォームファクターをできるだけコンパクトに保つことができる。

特徴

Zacuto Canon EOS C70 Coldshoe Z-Finderは、2.5倍のZ-Finderとフレームで構成されている。フレームは、1/4″-20ネジでカメラのトップコールドシューに取り付ける。このZファインダーは、カメラの液晶を本体に対して反転させたときのみ作動することが分かる。

一眼レフ時代には、このようなZファインダーのルーペアタッチメントが流行っていたが、カメラの液晶を拡大するのにとても有効だ。EOS C70コールドシューZファインダーの主な利点は、カメラケージが不要であること、余分なケーブル/外部電源を必要としないこと、そして着脱が迅速であることだ。

Image credit: Zacuto

また、Z-Finderのフレーム上部には、Z-Rail/NATOレールと同様にコールドシューが追加されているので、アクセサリーを装着することも可能だ。

Image credit: Zacuto

個人的には、この新しいデザインのコールドシューZファインダーは、同社のケージに取り付けるZacuto C70 Z-ファインダーマウントと比較して、セットアップが早く、かさばらないのが特徴と思う。しかし、Coldshoe Z-FinderをZacuto Canon C70のケージに取り付けることはできず、どちらかにする必要があるようだ。

Image credit: Zacuto

価格と発売時期

Zacuto Canon EOS C70 Coldshoe Z-Finder(2.5倍ルーペ付き)は、現在495.00ドルで販売中。また、既に2.5x Z-Finderのユーザーは、マウントのみを195.00ドルで購入することができる。

詳しくは、こちらのZacutoのウェブサイトをご覧いただきたい。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する