AtomosのNinja VがニコンZ 7IIのProRes RAWをサポート

AtomosのNinja VがニコンZ 7IIのProRes RAWをサポート

Atomosは、NinjaVモニターレコーダーがNikonの最新のフルフレームミラーレスカメラZ 7IIのProRes RAWに対応したと発表した。 Z 7IIは現在、最大UHD 4K/30fpsで撮影でき、N-Logもサポートされる。 Ninja Vのアップデートは無料で入手できるが、RAW出力を可能にするには、認定されたニコンサービスセンターでカメラを有料でアップデートする必要がある。

ニコンの第2世代フルフレームミラーレスカメラZ6IIとZ7IIは、2020年10月に発表された。革新的な機能が搭載されたわけではないが、第1世代よりも改善されている。最も重要なアップグレードは、デュアルEXPEED 6イメージプロセッサ、より優れたAF、および最大60fpsで4K UHD映像を内部記録できるようになったこと。ただし、これは現在Z 7IIでのみ可能で、より手頃な価格のZ 6IIは、将来のファームウェアアップデートで4K/60p記録に対応する。

ニコンカメラとNinja VでのProRes RAW記録

ニコンは2019年1月のCESで、AtomosのNinjaVで、ニコンZミラーレスカメラからHDMI経由でRAWビデオを記録することを発表した最初のカメラメーカーだ。それ以来NinjaVは多くのカメラに対応し、現在ではオリンパス、パナソニック、シグマ、ソニーなどのカメラに対応している。 Nikon Z6を使用したProRes RAWテストの記事はこちら

Nikon Z cameras get RAW video output as a paid service upgrade.

Atomosは、新しいファームウェアアップデートを重ね、非常に迅速に多くのカメラに対応している。 11月、同社はニコンZ6IIのサポートを発表した。そして今回、より高価な45.7メガピクセルのZ7IIにも対応した。 Ninja Vは、カメラからのRAWビデオ信号を受け、12ビットのProRes RAWとして保存できる。

NinjaVとZ 7II でのProRes RAW記録は、現在UHD4K/30fpsまたはフルHDで最大60fpsで可能。ただし、カメラのRAW出力を可能にするには、カメラを認定ニコンサービスセンターに送る必要があり、作業は有料となっている。

Atomos Ninja V
Atomos Ninja V monitor/recorder. Image credit: Atomos

ニコンZシリーズカメラは、N-Logでビデオを撮影できる。これは、AtomHDRモニターシステムでサポートされており、709プレビュー、カスタム3D LUT、およびLOGからHDRへの変換をモニターできる。現在のAtomosファームウェアでは、RAW出力をN-Logとしてモニターする機能が追加され、NinjaだけでなくNLEアプリケーションでも、既存のN-Log 3D LUTを使用できるようになった。

強化されたメタデータ、ISO、WBが間もなく登場

Nikonはまた、Z7IIとZ6II、およびZ7とZ6のファームウェアを近い将来アップデートし、Final Cut Proの強化されたISO /露出補正メタデータをサポートすると発表した。今後Adobe PremiereProのアップデートにも含まれる予定。残念ながら、 DaVinci ResolveでのネイティブProResRAWサポートについてはまだ進展がない。

価格と発売時期

Ninja Vは、Z7IIカメラをサポートするために最新のファームウェアをインストールする必要がある。ファームウェアはAtomosのサイトから無料でダウンロードできる。

なお前述のように、ニコンの公式情報ではZカメラを認定ニコンサービスセンターに送る必要がある。有料だが、金額は未発表だ。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する