キヤノンが「EOS Kiss X10i」を発表 - エントリーレベルのDSLR

2020.2.14
キヤノンが「EOS Kiss X10i」を発表 - エントリーレベルのDSLR

キヤノンはエントリーレベルのデジタル一眼レフカメラ、「EOS Kiss X10i」を発売した。欧州ではEOS 850D、米国ではEOS Rebel T8iと呼ばれる。この新しいデジタル一眼レフカメラは、前モデルと同じ24.1メガピクセル APS-C CMOSイメージセンサーを備えている。

EOS Kiss X10iの概要

EOS Kissシリーズは、2003年に発表された。しかし、2010年にリリースされたKiss X4が有名かもしれない。Kiss X4はEOS 7Dと同じイメージセンサーを搭載していた。また、1080Pビデオを撮影できる最初の手頃なDSLRカメラの1つだった。

CanonT8i_Featured

The Canon EOS Rebel T8i. Image credit: Canon

EOS Kiss X10iは、24メガピクセル APS-C CMOSイメージセンサーを搭載したエントリーレベルのDSLRカメラ。これは、その前モデルのEOS Kiss X9iと同じセンサーを採用している。また、ほとんどの機能は同じで、画期的なアップデートは特にない。 EOS Kiss X10iの主な機能は次の通り。

  • 毎秒7フレームの連写ができる新しいDigic 8プロセッサ。
  • 1秒あたり最大30フレームの4Kでビデオを撮影できる。フルHDでは、最大60 fps。4KモードではデュアルピクセルAFは使えない。
  • 3.0インチのバリアングルLCDモニター。

新機能としては、ライブビューモードでの瞳検出AFがあげられる。もちろん顔検出AFも可能だが、これは静止画でのみ機能する。またAF-ONボタンがあり、上部にあるクイックコントロールダイヤルは、シーンモードを省くことにより簡素化され使いやすくなった。

CanonT8i_01

The Quick Control Dial has been simplified. Image credit: Canon

静止画撮影では、C-RAW形式を使用するようになり、C-RAW形式で最大75枚の画像を連続して撮影できる。更に縦位置ビデオの撮影もできる。

CanonT8i_02

Image credit: Canon

価格と発売時期

発売時期は4月下旬、価格はオープンだが、実勢価格はボディのみで10万円強(税別)、EF-S18-55mm F4-5.6 IS STMとEF-S55-250mm F4-5.6 IS STMレンズが同梱されたダブルズームキットが15万円前後(同)となっている。

 

関連商品

 

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X10i ダブルズームキット EOSKISSX10I-WKIT

 

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する