マンフロットが300XMモジュラージンバルを発売

マンフロットが300XMモジュラージンバルを発売

マンフロットは、ジンバルの新しいラインナップとして、マンフロット300XMを発表した。このジンバルはモジュラーデザインを採用しており、ハンドルやリアハンドルがなくても使用できるので、ジンバルをブームの先端に直接取り付けたり、三脚/スライダーに取り付けてリモートヘッドとして使用することができる。

イタリアのメーカーであるマンフロットは、昨年ジンバルの最初のラインナップを発表し、カメラアクセサリー市場の新しいセグメントに参入した。マンフロットのMVG220と460は、まずまずの機能を備えているが、その機能とデザインは画期的なものではなかった。

そこで、マンフロットは、カメラスタビライザーの新しいアプローチとして、モジュラーデザインを採用することを決定し、300XMジンバルを発表した。

300XMの特徴

マンフロットによると、新しい300XMジンバルは、”ユーザーがニーズに合わせて最適な構成を作ることができる、初めてのモジュール式スタビライザー “と謳っている。実際、300XMジンバルは4つの主要コンポーネントで構成されている。

  • The gimbal head with all the motors and a battery.
  • A removable handle that features a built-in battery.
  • The rear handle.
  • A mini tripod.

まず、ジンバルヘッドから見ていこう。

Image credit: Manfrotto

ジンバルヘッドの電源は、ヘッドの底部にある取り外し可能な1つ目のバッテリーを介して供給される。マンフロットは、このバッテリーでジンバルヘッドを最大10時間駆動できるとしている。もちろん、この設計は、雲台を使用する場合、バッテリー交換を必要としないことを意味している。

300XMの最大積載量は3.3kg。また、同社によると、ソフトウェアとハードウェアをアップグレードし、モーションプリセットや操作感度の向上により、よりスムーズで優れた結果が得られるようになったと述べている。

Image credit: Manfrotto

すべての軸にロック機能を搭載し、バランス調整や持ち運びが容易になった。また、チルトアームを延長できるようになったので、より大きなカメラのバランスをとることができる。

300XMジンバル雲台の上には、マンフロットの501PLクイックリリースプレートがある。垂直方向のコンテンツを撮影したい場合は、垂直軸に別の取り付けプレートもある。また、2つのUSB-Cポートがあり、カメラの電源/制御や、ハンドルを介したマンフロットのフォローフォーカスが可能だ。

Image credit: Manfrotto

ジンバル雲台の底面には、バッテリーを充電するためのUSB-Cポートがある。さらに、ハンドルを取り付けたり、300XMを三脚/スライダー/ブームに取り付けたりするためのマンフロット501PLプレートが内蔵されている。マンフロットの501PLクイックリリースプレートを使用しない場合は、3/8″16の取り付けポイントも用意されている。

Image credit: Manfrotto

取り外し可能なハンドル

次に、内蔵バッテリー、LCDタッチスクリーン、ジョイスティック、多機能ホイールを備えた取り外し可能なハンドルがある。このハンドルは、もちろんジンバルヘッドに取り付けることができるので、片手持ちジンバルとして使用することができる。しかし、ジンバルに取り付けて使わなければ、無駄になるわけではない。

実際、ハンドルはジンバルヘッドとワイヤレスで通信しており、アプリの有無にかかわらず、ジンバルヘッドの機能をコントロールすることができる。例えば、マルチファンクションノブを使って、マークポイントを設定したり、軸の動きを操作したり、ワイヤレスでフォーカスプルをしたりすることができる。

Image credit: Manfrotto

リアハンドルとミニ三脚

最後に、マンフロット300XMには、取り外し可能なリアハンドルとミニ三脚が付属している。リアハンドルは、ジンバルとの第二の接点を与え、映像の安定性を高めるため、アンダーハングモードで使用できる

Image credit: Manfrotto

価格と発売時期

300XMは669ドルで発売中で、キャリングバッグが付属する。

詳細については、こちらのマンフロットのウェブサイトをご覧いただきたい。

Leave a reply

Filter:
all
Sort by:
latest
Filter:
all
Sort by:
latest

Take part in the CineD community experience