広告

Pan’s のiPhone用Snap Filter – ハンズオンレビュー

Pan's のiPhone用Snap Filter - ハンズオンレビュー

スマートフォンのカメラは年々良くなっているが、よりプロフェッショナルな画像を作るには、フィルターが欠かせない。しかし、Pan’s Snap Filter(Kickstarterで数日間先行販売中)は、iPhoneユーザーにとって非常に魅力的な製品だ。ここでは、Pan’s Snap Filterのレビューする。

Tim Panは中国出身の技術系YouTuber(チャンネルはMediastorm)。中国語が話せない限り、このチャンネルを見たことがないかもしれないが、彼らはカメラや機器のレビューを数多く行っている。私は彼らのビデオをいくつか見たが、その多くが英語字幕付きで、非常にフレッシュでオープンなスタイルで、私たちの領域でフォローする価値がある。Mediastormは、Appleの招きで、中国でiPhone 13 Proのローンチフィルムを撮影し、最も美しい映像を作る必要に迫られ、このフィルタートレイを作った。先日、この製品の新しいKickstarterキャンペーンについて既に報告した。

Pan's Scheme Snap Filter system for iPhone
Pan’s Scheme Snap Filter system for iPhone. Image credit: CineD.

Pan’s Snap Filter Base

このフィルターは、見事なまでにシンプルだ。Pan’s Snap Filterは、内蔵のMagSafeマグネットでiPhoneの背面に装着するマグネット式のフィルターシステム。iPhoneを無理やり押し込むような面倒なケースは必要なく、スナップフィルターベースをiPhoneの背面にかざすだけで、パチンと装着される。

The backside of Pan's Snap Filter Bases
The backside of Pan’s Snap Filter Bases shows the iconic Magsafe circle to attach to the iPhone. Image credit: CineD.

Snap Filter Baseは非常にしっかりとした重量のあるアルミ製で、確かにそれなりの重みがある。iPhoneの背面に安定して固定するためには、これだけの厚みが必要なのだろうが、それが驚くほどうまくできている。ホルダーを外すときも、新しいフィルターを装着するときも、落ちる心配はないし、取り外すのも問題ない。テストする前は、「落ちる」「外せなくなる」の心配があったが、安心して使えるデバイスに仕上がっている。

Normal and Kickstarter special edition versions
Normal and Kickstarter special edition versions of Pan’s Snap Filter Bases for iPhone 13 (Pro) and Pro Max. Image credit: CineD.

それでは、Pan’s Snap Filter Baseを取り付けたところで、付属のフィルターを1つ1つ見ていこう。

フィルターの取り付け

フィルター自体はスナップフィルターホルダーに磁石でくっつくわけではなく、機械的にスライドさせて装着する。しっかりはまったらレバーでカチッと音がするので、これも安心感がある。取り外すときも同様で、何の問題もない。フィルターの枠も同じアルミ製なので、スライドインメカニズムでフィルターを装着しても、経年劣化の心配はないだろう。

Slide-in filter mechanism
Slide-in filter mechanism. Image: CineD

Pan’sフィルターは、iPhoneのすべてのカメラ(Pro版の3つのカメラも含む)を制限なくカバーすることができるのが大きな特徴だ。他のクリップオンフィルターの場合、すべてのカメラで使えるとは限らないし、特に広角はフィルターによってはケラレてしまう。その上、このアタッチメント機構は、iPhoneの前面にも一切影響を及ぼさない。日常的に使うことを想定して作られたシステムだ。

フィルター

NDフィルター

最も重要なことは、Pan’sスナップフィルターシステムには、-2 / -4 / -6 / -8ストップの4つのNDフィルターが含まれているということだ。映画のような動きを得るためには、フレームレートの “2倍 “程度のシャッタースピードが目安になる。例えば、24pで撮影する場合は、1/48秒のシャッターを切る必要がある。これより速いシャッタースピードでは、個々のフレームの露出がはっきりしすぎる。 動きの錯覚を作り出すためには、モーションブラーが必要だ。これこそが、NDフィルターがプロフェッショナルなビデオを作りたい人にとって最も重要なアクセサリーである理由だ。

ND filter attached to Pan's Snap Filter system
ND filter attached to Pan’s Snap Filter system. Image credit: CineD.

Snap Filterシステムに付属するPan’sNDフィルターは、曇天から本格的な晴天まで十分にカバーできる素晴らしいレンジを備えている。iPhoneで撮影する場合、シャッタースピードを調整するのは簡単なことではない。iPhoneで本格的に映画制作をする場合は、FiLMiC Proを使うことをお勧めする。シャッタースピードを含むカメラのほぼすべての設定を調整でき、より良い品質で記録できる。

iPhoneで撮影した動画が正しいシャッタースピードで記録され、その結果、映画のような滑らかで美しい動きになっているのを見ると、とても気持ちがよい。

安価なNDフィルターには色味があることが多いが、Pan’s Snap Filtersは色味が感じられず、非常に安定したクリアなフィルターだ。

ブラックミストフィルター

iPhoneの最大の問題の一つは、ビデオと写真の両モードで画像に常に起こっている人工的なシャープネスと、高いコントラストだ。ブラックミストフィルターは、この2つの問題を解決してくれる。面白いことに、このフィルターを使って撮影した画像を見ていると、それがスマートフォンで撮影されたものであることをすっかり忘れてしまう。特に日差しが強く、影が濃いポートレートを撮影するとき、このソフトニングは目を楽しませ、顔を美しく見せてくれる。将来的には、ブラックミストフィルターの他の強度のものも出てくるといいと思う。

Gold Streak Filter.
Gold Streak Filter. Image CineD

ブルーストリークフィルターとゴールドストリークフィルター

これは、典型的な水平方向のアナモフィックレンズのフレア効果を「ごまかす」楽しい方法で、撮影に照明があるときに使用する。光源に直接向けると、巨大な縞模様ができる。間接光源でも効果はあるが、微妙だ。私がテストしたとき、この縞模様は表面にも見えた。

Pan's Snap Filters
Pan’s Snap Filters – here you see the Blue and Gold Streak Filters, both for vertical and horizontal shooting. Image credit: CineD.

iPhone 13 Pro Maxの広角カメラでは、ストリークが1本の線として表示されず、ソースから両方向に途切れた線になった。これは処理と関係があるのかもしれないが、よくわからない。広角カメラでは、まっすぐな線を表示させることができなかった。

Gold Strike Filter, wide angle lens
Gold Streak Filter used with iPhone’s wide-angle- Streaks didn’t show as one line. Image: CineD

ブルーストリークフィルター、ゴールドストリークフィルターともに、水平方向と垂直方向の撮影用にそれぞれ2枚ずつフィルターを同梱している。横縞を表現したい場合は、縦縞を表現するフィルターを使用しないと(横縞を表現するフィルターを使用すると)縦縞になり、逆に横縞を表現するフィルターを使用しないと(横縞を表現するフィルターを使用すると)縦縞になる。

Cross Star Filter Effect
Cross Star Filter Effect. Image: CineD

クロススターフィルター

クロスターフィルターは、ストリークフィルターと少し似ているが、丸い光源を星型に変えてしまうフィルターだ。特に夜景で効果を発揮する。

Structure of the Cross-Star Filter
Structure of the Cross-Star Filter. Image credit: CineD.

iPhoneとの相性

レビューのために受け取ったバージョンは、iPhone 13とiPhone 13 Pro用に作られ、iPhone 13 Pro Max(これは私が所有し使用しているもの)用の別バージョンがある。現在、Pan’s SchemeがiPhone 14シリーズに合うように少し変更したバージョンを作っていて、2022年12月に発売予定とのことだ。

もちろん、iPhone 12のユーザーの中には、(すでにマグセーフを搭載している)フィルターシステムも使いたいという人もいると思うし、これも可能かもしれない。iPhoneの旧モデルにしても、細かい違いが多すぎてメンテナンスが大変だし、何しろ最新世代のカメラは、フィルターなどで正しく扱えば、最も「プロ」らしいカメラだ。

PAN's Black Mist filter
PAN’s Black Mist filter. Image: CineD

デメリット

パンのスナップフィルターの長所について多くを語ったが、短所も述べておこう。デメリットはあるが、さほど大きな問題とは感じない。まず、スナップフィルターホルダーは快適で簡単に装着できるが、それは同時に「裸の」携帯電話しか使えないということを意味し、どんなケースでも使えるわけではない。常に保護ケースにスマートフォンを入れている多くのユーザー(私もそうです)にとって、これは少し怖いことだが、私は許容できる妥協点だと思う。

フィルターの開発チームは、将来的にフィルターホルダーとしてiPhoneケースのオプションを追加することを考えたいのかもしない。

2つ目の小さな欠点は、「Snap Filter Base」の重さだ。筆者が使用したiPhone 13 Pro Max用のものを測ってみたところ、68gだった。なるべく軽くしたい人には気になるかもしれないが、個人的にはこの重厚感が「本物のカメラ」を持っているようで気に入っている。

最後に、フィルターは積み重ねることができない。例えばNDフィルターとストリークフィルターのような、典型的な組み合わせは不可能だ。将来的には、それを可能にするようなベースを考えてほしいものだ。

発売時期

Pan’s Snap Filterシステムは、市場に出る前に、Kickstarterキャンペーンを実施しており、あと数日で終了となる。Baseのスペシャルエディションで99ドルから始まり、すべてのフィルターを同梱する場合は159ドルとなる。スマートフォンのアクセサリーであることを考えると、この価格設定は印象的であり、間違いなくリーズナブルだと思う。なぜなら、新しいフィルターが入手可能になったとき、そのフィルターが新しいスナップフィルターベースで、将来のスマートフォンでも使用できるという確信のもとに、投資することができるからだ。

まとめ

Pan’s Snap Filter システムは、私がこれまで出会ったスマートフォン用のフィルターシステムの中で、最も先進的でプロフェッショナルなものだ。おもちゃではなく、すべてが非常に頑丈に作られており、衝撃に耐えることができ、フィルター自体の品質も高い。出来上がった画像の欠点は、携帯電話自体の画像処理に起因しているようで、Appleのものとは別のカメラアプリを使用することで解決できる。また、Pan’s Schemeチームが製品エコシステムに追加する他のアクセサリーも楽しみだ。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手