武蔵オプティカルシステムがTakumi 2(匠2)シネズームを発表 - フルフレーム29-120mm T2.9 PL

武蔵オプティカルシステムがTakumi 2(匠2)シネズームを発表 - フルフレーム29-120mm T2.9 PL

武蔵オプティカルシステムは、Takumi2(匠2)シネズームを発表した。これは29〜120mmのズームで、フルフレームセンサーに対応し、T2.9絞り。既存のTakumi1 40.6 – 332mm T4.8FFズームレンズを補完する。

Takumi 1は、8.18倍と広いズーム比を持つが、新しいTakumi 2は、Takumi 1のT4.8とは対照的に、非常に明るいT2.9を実現している。4.14倍ズームレンズとしては、特筆すべき明るさだ。

Takumi 1 cine zoom
The already available Takumi 1 40.6 -332mm T4.8. Image credit: Musashi Optical System Co.

Takumi 2 29-120mm T2.9 FF PLシネズーム

この新しいレンズのスペックは以下の通り。

  • 焦点距離:29mm-120mm
  • ズーム比:4.1倍
  • T値:T2.9定数
  • 絞り羽根:9枚
  • センサー:最大40.96 x 21.60mm(対角:46.3mm)のフルフレーム
  • マウント:PLマウント
  • 最短合焦距離: 1.2m
  • フランジバック:52mm
  • 画角(h x v):@ 29mm:70.5°x40.9°// @ 120mm:19.4°x10.3°
  • フォーカスリングの回転角:280°
  • ズームリングの回転角:160°
  • アイリスリング回転角:70.7°
  • フロント径:136mm
  • 長さ:370mm
  • 重量:7.5kg
  • 製造国:日本

もう1つの特筆できる機能は、ブリージングがないこと。そのため、フォーカスを変えても視野は変化しない。これを達成するには複雑な機構が必要でコストがかかるため、低価格レンズでよくある問題だ。

Takumi 2 cine zoom
Takumi 2 29-120mm T2.9 cine zoom. Image credit: Musashi Optical System Co.

Takumi 2はかなりハイエンドな仕様のため、市場は限られているだろう。価格的にも相当高価で(Takumi 1は38,000ドルで販売されている)一般に購入できるものではない。一方、このセグメントには、アンジェニュー、ツァイス、ARRI、クックなどの有名なレンズメーカーがかなりあり、このレンズがどのように受け入れられていくのか興味深い。

価格と発売時期

価格はまだ発表されていない。 Takumi 2 29-120mm T2.9は、今年5月末か6月上旬頃に出荷予定。

Takumi 1 40.6 – 332mm T4.8は現在約38,000ドル(国内価格未発表)で販売されており、Takumi 1のS35mmバージョン、23.9 – 195mm T2.9(25,000ドル)もある。かなり高価だが、前述のハイエンドレンズよりもはるかに安価ではある。

同社のサイトはこちら

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する