ソニーがFX9ファームウエア2.0を1ヵ月前倒しでリリース

13 日前
ソニーがFX9ファームウエア2.0を1ヵ月前倒しでリリース

ソニーFX9ファームウェアアップデートバージョン2.0は、当初の予定よりも約1か月早くリリースされた。このアップデートにより、5Kクロップフレームレートが装備され、4K 50 / 60pが内部記録可能となり、FHD 180fpsの記録も可能となる。 FX9は、瞳AF、4K 16ビットRAW出力(拡張ユニット必要)、ディスプレイのタッチスクリーンサポート、ユーザー3D LUTなども使用できる。

ソニーFX9カメラのファームウェアアップデート2.0は2020年4月に発表された。当初ソニーはこのアップデートは2020年10月にリリース予定と述べていたが、現在ファームウェアアップデート2.0はすでにダウンロード可能になっている。

改善点は以下の通り。

2.0の改善点

追加された機能は非常に多く、有益なアップデートだ。以下に新機能を解説する。

新しいフレームレートと解像度

予定通り、新しいフレームレートと解像度が追加され、オーバーサンプリングを伴うフルフレーム4K 60p / 50p記録が可能となった。ただし、イメージセンサーのスキャンサイズは約5Kなので、実際にはフルフレームモードではなく、わずかなクロップがある。

FFcrop 5K Oversampling Mode for 4K. Source: Sony

DCI 4K(4096x2160px、17:9)で60p、50p、30p、25p、24p記録が(フルフレームとSuper35の両方で)有効になった。さらに、フルHD 180fps撮影モードが追加された。

New 4K DCI Modes. Source: Sony

RAW出力とデジタルワイヤレスオーディオ

新しい内部記録モードに加え、ファームウェア2.0では16ビットRAW出力もサポートされる。ただしこれはXDCA-FX9拡張ユニットが必要。拡張ユニットは希望小売価格315,000円(税別)で販売されているため、かなりの投資が必要で、カメラの重量も増加する。

16-bit RAW Output. Source: Sony
16-bit RAW Output. Source: Sony

XDCA-FX9ユニットはRAW出力に加え、DWXスロットインデジタルワイヤレスオーディオレシーバーのサポートも有効にする。

オートフォーカスとタッチスクリーン

顔検出オートフォーカスが、新しいファームウェアアップデートでさらに強化される。顔検出AFに加え、瞳AF機能が追加される。

FX9 Firmware 2.0 – Eye AF. Source: Sony
Touch Screen for AF Area with the 2.0 Firmware on the FX9. Source: Sony
FX9 Firmware 2.0 – Assignable Function for Detailed Focus Setting. Source: Sony

タッチスクリーン機能により、画面をタップすることでフォーカスエリアを選択できるようになる。メニューやその他のさまざまなカメラ設定も、画面を直接タッチして操作できる。

FX9 Firmware 2.0 – Touch Screen. Source: Sony

拡張ISO範囲、3D LUT、HDR

ISO /ゲイン設定の上限が引き上げられる。 High Base ISOが102,400まで利用できるようになった(以前の制限はISO12,800)。低ベースISOは、12,800まで利用できる(以前の制限はISO2,500)。

FX9 Firmware 2.0 – Extended ISO. Source: Sony
FX9 Firmware 2.0 – User 3D LUTs. Source: Sony

新しいファームウェアでは、ユーザーがカスタム3D LUTを追加することもできる。 HLG(Hybrid Log Gamma)カーブによるHDR撮影機能も追加された。

FX9 Firmware 2.0 – HLG HDR Mode. Source: Sony

6G-SDIのサポート

発売時に利用可能だった12G-SDI出力(4K 59.94 / 50p)を補完するため、6G-SDIを追加し、1本のSDIケーブルで4K 30 / 23.98p出力ができる。

XLR-K3Mのサポート

デジタルI / Fを備えたマルチインターフェース(MI)シューを介してXLR-K3Mオーディオアダプターをサポートする。

アップデートは無料

Sony FX9ファームウェア2.0は、無料でダウンロードできる。

ラボテストの更新

先日、FX9ラボテストとして、ダイナミックレンジとローリングシャッターのテストを公開した。このテストはファームウェア1.0で実施されたため、ファームウェア2.0で再施行する予定。

Leave a reply

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する