キヤノンEOS R3最新情報

キヤノンEOS R3最新情報

キヤノンは、EOS R3の詳細を発表した。ビデオ機能で興味深いのは、内部RAW記録とオーバーサンプリングされた4K撮影だ。

EOS R3の開発は、超望遠RFレンズと新しいマクロレンズとともに 4月に最初に発表された。このカメラは、映像クリエーターを念頭に置いて設計されたわけではないが、オートフォーカスと自動露出で最大30fps の静止画を撮影でき、ニュースやスポーツのフォトグラファー向けに設計されている。

高品質のオーバーサンプリング4K ビデオと内部 RAW ビデオ記録

EOS R3 は、オーバーサンプリングされた4KでCanon Log3 を使用して高画質の4Kを撮影でき、内部で RAW ビデオも撮影できるため、R5と比較してビデオ仕様に引けを取らない。 R5やR6と同様に、オートフォーカス トラッキングは人や動物だけでなく、モーター スポーツなどでも有用だ。

積層型センサーと電子シャッター

またCMOS センサーははるかに高速な読み出し速度を提供する。これにより、ローリングシャッター効果は低く抑えられている。今後ラボテストで確認してみたい。

写真の世界では、連写に関してメカニカルシャッターが制限要因となっている。発表された情報によると、EOS R3 は、RAW 画像とフルオートフォーカスおよび自動露出モードで最大 30 fps の連続撮影が可能。また、EOS R3では電子シャッターをONでスピードライト撮影が可能となっている。

アイコントロールAFと新しいAFトラッキング

またEOS R3は、ファインダーでピントを合わせたいものを見るだけでフォーカスを合わせることができる。慣れるまで少し時間がかかるようだが、これが実際にどのように機能するか興味がある。

更にEOS R3は、人や動物の既存のオートフォーカス追跡モードに加えて、車やバイクを認識する新しいAF追跡モードを備えている。 RAW で最大 30 fpsで記録できる。

低照度撮影

キヤノンによると、EOS R3は少なくとも静止画モードでは、EV -7以下のような暗い場所でもオートフォーカスを使用でき、最大8ストップの手振れ補正が可能(レンズにもよるが、この場合はRF24 -105mm f4 IS USM)な、光学手ブレ補正を使用。これは驚くべき低照度の撮影機能で、映像クリエーターがそれを利用できないのは残念だが、このカメラは主に、時折高品質のビデオを必要とするハイエンドのフォトグラファーを対象としていることは明らかだ。

ネットワーク機能

EOS R3 には LAN と 5GHz WiFi が組み込まれているため、写真やビデオを即座にオフロードできる。新しいミラーレス カメラの多くに採用されていることはユーザーにとってメリットだ。

筐体と操作性

古いデジタル一眼レフが大きいという理由でミラーレスカメラを検討しているなら、EOS R3は適したカメラではないだろう。このカメラは明らかに、縦位置でも横位置でも撮れる、以前の1Dシリーズカメラユーザーをターゲットにしている。 

EOS R3のボディはマグネシウム合金を採用して軽量で、耐候性・耐久性は、映像制作に用いても大いに役立つだろう。これらの特徴もEOS 1D X Mark IIIに期待されるものに匹敵する。

映像クリエーターにとってうれしいのは、可動式のLCD スクリーンだ。タッチスクリーンでもあるが、現時点ではタッチフォーカスをサポートしているかどうかは不明。

電源に関しては、前述のカメラと同じ、LP-E19 バッテリーを使用する。

価格と発売時期

EOS R3 の価格に関する情報はまだない。また、正確な発売時期も発表されていない。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する